スポーツ界のアベンジャーズが明かすハンドボールリーグのビジョンとは

スポーツ界で大きな動きを見せているハンドボールリーグ。B.LEAGUEで初代事務局長を務めた葦原一正氏の招聘に始まり、北京五輪の銀メダリストである太田雄貴氏ら個性豊かなメンバーを理事に任命し世間を驚かせた。

8月28日に新シーズン開幕を迎えさらなる注目が集まるなか、彼らはどのような変革を起こすのか。昨年までJリーグの理事を務め、今年からハンドボールリーグの理事に就任した米田惠美氏にインタビューを実施し、リーグ運営の上で最も重要とされる「ガバナンス」や新リーグに向けたビジョンについて話を伺った。

スポーツ界に必要なガバナンスとは?

──米田惠美さんは昨年までJリーグ理事を務められ、今年からハンドボールの理事に参画されました。どういった経緯でしょうか?

米田惠美(以下、米田) 私がJリーグ理事をしている頃から、(一般社団法人日本ハンドボールリーグの代表理事を務める)当時Bリーグにいた葦原一正さんとは付き合いがあり、スポーツとビジネス、両方の言語が話せる数少ない人だと思っていました。「いつか一緒に働いたら楽しそう」と思っていたら、その機会が思ったより早くきました。葦原さんからは、「この業界にはガバナンスの話ができる人が少ない。最初が肝心なのでそこを中心に入ってくれ」という話を受けました。

──「ガバナンス」という言葉は葦原さんも常々口にされていますが、これは一体なんでしょうか?

米田 統治の仕組みです。組織のなかで誰が意思決定するのか、それを誰がチェックするのか、意思決定する人をどう選ぶのかなど関わる人たちの責任と権限の所在を明確にする話です。個人的には価値創造や分配の仕組みまで含むと思っています。私自身は、Jリーグを離れてから再びスポーツに関わるならガバナンス改革からと思っていました。スポーツ界全体の課題であるというのが葦原さんと私の共通認識です。

結構根本的な治療が必要ですが、そうなるとルールメイカー側に行き、新しいルールでの良いモデルを見せなければいけません。私1人でやるには限界がある。課題の共通認識がある人とやらなければいけないなと思っていた中で、その条件が整ったのがハンドボールリーグでありフェンシング協会だったということです。

──スポーツ界の様々な問題を紐解いていくと、全てはガバナンスに行きつきそうですね。

米田 元々、スポーツ団体は法人格などの構造上、自浄作用が効きにくいということでガバナンス・コード(企業統治指針)ができました。また、既存の仕組みで選ばれた人間にとっては、その既存のシステムを壊したくないのが心情。なので自浄作用が働かないわけです。

既存のシステムでは、集中した権限に対しての監督機能や、何がグッドで何がバッドなのかの判断基準も明確になっていないケースがある。その共通認識がないと、個人が間違った方向に行った時に軌道が修正できないとか、感情的に対立して前に進まない状況に陥ります。個々の資質に頼るのではなく仕組みとしてカバーすべきです。

ただ、既存のシステムが変わるのは、よほどの危機の時か、半数以上の人間がそのシステムを変えたいという認識を持っている時です。今のハンドボールリーグは、フレッシュなメンバーでやれるのでチャンスです。

──Jリーグのような大きな組織は別として、例えば小さな組織では「バレないだろう」の考えもあるのでは?

米田 組織の大きい小さいは関係ないです。レベルの違いこそありますが、多くのステークホルダーがいる以上、アカウンタビリティ(説明責任)を発揮しなければいけないのは同じで、それが必ずしも十分でないという問題はどこも共通ではないでしょうか。

──スポーツ界特有の問題?

米田 スポーツ界は「ステークホルダーの多さ」と「ミッション性が3つある」という2つの特殊性があると思っています。

例えばナショナルからパナソニックにブランド名を変えるという話で考えると、多少顧客が悲しむことがあっても、組織で決めたらそれでOKです。しかしFC町田ゼルビアがクラブ名を変えるとなった時に、ファン・サポーターが大号泣してそれによってオーナー(株主)や経営者が一度は決めたことを変えました。これは一般企業では起きえない話です。ステークホルダーが多いが故に、一般企業以上にコミュニケーションを多岐にわたって取らなければいけない。このプロセスを省いてしまうと運営が難しくなります。

ミッション性の観点でいうと競技性、事業性、社会性の3つがあり、人によって大切にするものが異なります。価値観が異なる以上「そうだよね」と合意に至りにくい。にも関わらず、スポーツ界は決め方や優先順位づけが曖昧になりがちです。だからルールメイクやアカウンタビリティが大事だという話になるのです。

──世間と組織での対話が必要になる?

米田 はい。突き詰めると、スポーツって誰のためにやっているのかということです。競技者が好きで集まってやっているなら、その組織のなかだけわかっていればいい。でも、事業収入を得る、ファン・サポーターがいる、自治体や官公庁からの支援を得るという話になると、もう国民全体と対話しなければいけません。そういう認識を、スポーツ団体の経営陣が持っているか持っていないかは大きいと思っています。

──米田さんみたいな方が入ることで、都合の悪い団体もあるのでは?

米田 あるでしょうね(笑)。マイポリシーでやっていたところに、透明性やルールを入れると気を害する人はいます。大抵「あいつはわかっていない」という話になりますよね。導入のレベル感は組織によって変えるべきと思いますが、時代の流れやスポーツ団体の本来のあるべき姿、また、価値観の違いが人間の感情的対立に発展しないためにも、ガバナンス、統一ルールの導入やアカウンタビリティを整えることは大事だと思っています。

関連記事