キャメル,ゴルフ,リゾート

千葉房総の「キャメルゴルフリゾート」の特徴と魅力

日本国内には多くのゴルフ場がありますが、誰しもに「お気に入りのゴルフ場」というものがあったりするものです。

全国に2,300ものゴルフ場があるので、すべてを実際に回って確かめるのは現実的に難しいですよね。

そうなると、自宅からくるかで2時間圏内の「人気ゴルフ場」から試していく形になるはずです。

関東県内でも多くの人気ゴルフ場がありますが、リゾート気分を味わいながらゴルフを楽しむならば「キャメルゴルフリゾート」がおすすめです。

この記事では、そんな「キャメルゴルフリゾートの特徴と魅力」について解説していきたいと思います。

キャメルゴルフリゾートとは

キャメルゴルフリゾートは、1995年にOPENしたゴルフリゾート施設です。

ゴルフ場だけでなく、宿泊施設も併設されています。

都心から車で約90分ほどの千葉房総のという立地で、里山に囲まれリゾート感覚でゴルフを楽しむことができます。

それでは、そんなキャメルゴルフリゾートの特徴と魅力を1つずつ挙げていきましょう。

ジャンボ尾崎設計のアップダウンの少ないゴルフコース

キャメルゴルフリゾートのゴルフ場は、ジャンボ尾崎氏が設計したゴルフ場です。

アップダウンが少なく、池が配置されているコースもあるので、非常に美しい光景が広がっています。

このゴルフコースは、14本のゴルフクラブのすべてを必要とする設計となっているという特徴があります。

各ホールに複数の攻略ルートが設定されています。

フェアウェイやグリーン上にアンジュレーションがあり、ショットに工夫が必要となります。

ヤーデージは6,628ヤードで、コースレートは無しとなっています。

リゾートゴルフでありながらも、戦略性の高いゴルフができるので、初心者を卒業したゴルファーから上級者までが楽しめるコースとなっています。

若干フェアウェイが狭く距離もあるので、初心者にはなかなか難易度が高いコースだと言えるかもしれません。(実際にはリゾートなので初心者のプレーヤーも多い)

口コミなどを見ると、コースのメンテナンスも以前よりも良くなったという意見が多かったりします。

ただし、バンカーは雨が降ると砂が落ちて池になってしまうといった意見もあるので、最高レベルとまでは行っていないようです。

併設のホテルやグランピングでリゾート気分を味わえる

何と言ってもリゾート型のゴルフ場であるというのは、大きな魅力だと言えるでしょう。

広い敷地内には、「スウィートヴィラ」「デラックスホテル」「グランピング」「合宿大部屋」という4つの宿泊施設があります。

自分に合った滞在スタイルを選ぶことができますし、毎回施設を変えることで飽きずに楽しむことができます。

もちろん、大浴場やサウナ、露天風呂なども完備していますし、リラクゼーションサロンも併設しています。

コンペルームや多目的ルームもあるので、パーティーや宴会なども行えます。

近年大人気となっているグランピングは特におすすめです。

「ドームテント」や「大型テント」など種類も豊富で、まるで宙に浮いているような感覚が味わえる「展望ドームテント」もあったりします。

「プレミアムグランピング」では、敷地内がフェンスで囲まれているのでノーリードで愛犬を放つことができます。

また、自慢の「スウィートヴィラ」は、全室101.44㎡と非常に広く、ゴルフコースを眺めながら過ごすことが可能となっています。

贅沢なリゾート気分を味わえて、ゴルフも楽しめるというのは、まさに「最高の幸せ」だと言えるでしょう。

子供連れでも楽しめる

キャメルゴルフリゾートには、「妖精の森」というエリアが用意されています。

このエリアは、木でできた秘密基地のような家や妖精が住んでいるような家が並んでいます。

まるで絵本のような世界観なので、小さな子供も楽しめるはずです。

アスレチック系の遊具も充実していますし、芝滑りも楽しめます。

大きな木から吊るされたブランコも大人気となっています。

他にも、「キッズログハウス」や「スマートボール」「バスケット」などでも遊べますし、「室内キッズルーム」や「キッズパター」も楽しむことができます。

複数の家族で泊まりに行き、旦那さんたちはゴルフをプレーし、奥さんと子供達はキッズエリアで楽しむということもできるわけです。

夜には、ライトアップされたゴルフコースを家族で歩くことも可能となっています。

その抜群の景色は、ゴルフをプレーしない奥さんや子供にとっても貴重な経験になるはずです。

関連記事