• HOME
  • 記事
  • ゴルフ
  • 初登場の『ステルスアイアン』がダントツ1位! ドライバーとはターゲット層が違う!? 【アイアン売り上げランキング】 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

初登場の『ステルスアイアン』がダントツ1位! ドライバーとはターゲット層が違う!? 【アイアン売り上げランキング】 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

中島啓太は『ステルス 』の5番アイアンを入れている(撮影:米山聡明)

2月に発売された『ステルス ドライバー』は、初週の売り上げが過去10年で最高本数を記録したと言われるほど大ヒットした。それから2カ月が経過して、4月22日に発売された『ステルス アイアン』。アイアンにも発売前から予約注文が殺到していたことで、最新の売り上げランキング(4月18日〜24日)では、9週にわたってトップに君臨していた『i525』を引きずり下ろし、大差をつけて1位に。今週、「中日クラウンズ」に出場する中島啓太(日体大4年)も入れている『ステルス アイアン』の人気ぶりについて、[ミニドライバー投入! 中島啓太が和合攻略のために選んだ14本【写真】]()

「みんな、このアイアンを待っていたと思います。2月上旬の時点で問い合わせや予約注文はかなり入っていました。ドライバーのカーボンフェースのような強烈なインパクトはありませんが、前作の『SIM2 アイアン』と比較してシンプルにカッコよくなっていて、飛距離性能が高いことが魅力です。『SIM2』や『SIM』のアイアンにあったボッテリ感が完全に消えたと思います」

―『ステルス』のドライバーを購入した人がアイアンも買っている?

「もちろん、そういう人もいます。ただ、ドライバーと比較するとアイアンは打球が上がりやすくて、やさしいという声がすごく多いです。『ステルス ドライバー』はどちらかと言うとパワーヒッターと相性が良く、アイアンだと『P790』などと組み合わせる人が多い。一方、『ステルス アイアン』はもう少しヘッドスピードが遅い人でも使いこなせるので、アベレージ向けドライバーを使っているゴルファーにもハマると思います」

ドライバーは低スピンタイプということもあり、アスリートゴルファーからの評価が高いが、アイアンはより万人向けでターゲット層が広い。そう考えると、アイアンの方がロングセラーになりそうな予感もある。

関連記事