• HOME
  • 記事
  • ゴルフ
  • 松山英樹が“マスターズ王者”としての1年間を振り返る 偉業達成後に流した涙のワケにも言及 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

松山英樹が“マスターズ王者”としての1年間を振り返る 偉業達成後に流した涙のワケにも言及 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

あれから1年 松山英樹がその後の変化などについて語った(撮影:GettyImages)

4月7日から男子ゴルフの今季メジャー初戦「マスターズ」(米ジョージア州・オーガスタ・ナショナルGC)が始まる。その開幕を2週後に控えるなか、22日には前年王者として松山英樹がテレカンファレンス(電話会見)に出席した。

何度見てもいい!写真で振り返る松山英樹のマスターズ制覇

現在は、3週前に出場した「アーノルド・パーマー招待」で訴えた首痛の解消を目指している最中。21日から練習を再開したことも明かし、「今週と来週でどれくらいまでゴルフの状態が上がるか分からないですけど、いいプレーができるように準備したいと思う」と、連覇がかかる本番までの時間を過ごしていく。

マスターズ王者として過ごしてきた1年間については、「勝ってからすごく色んな人に祝福されたり、トーナメントに出ると『マスターズチャンピオン』と紹介され、すごくうれしい。今までと違う反応で見てもらえる」と振り返る。

さらに『人生が変わったか?』という質問には、「日本人がたくさん挑戦してきたなかで、僕が一番最初に勝てたことはすごくうれしい。人生がどう変わったかは、僕自身よく分かっていないですけど、トーナメントに出ている時、いろんな人の反応が前と違う。やっぱりそれだけのことをしたというのは感じる」と答えた。

あの日のコースでのことも思い返す。最終日。5打のリードを持ってサンデーバックナインに入ったが、15番パー5で池ポチャからボギーを叩いたことなどが響き、後続に迫られた。“楽勝ムード”から一転、緊迫の終盤戦になったことは、マスターズ制覇の難しさを感じさせた。

関連記事

松山英樹が“マスターズ王者”としての1年間を振り返る 偉業達成後に流した涙のワケにも言及 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

あれから1年 松山英樹がその後の変化などについて語った(撮影:GettyImages)

4月7日から男子ゴルフの今季メジャー初戦「マスターズ」(米ジョージア州・オーガスタ・ナショナルGC)が始まる。その開幕を2週後に控えるなか、22日には前年王者として松山英樹がテレカンファレンス(電話会見)に出席した。

何度見てもいい!写真で振り返る松山英樹のマスターズ制覇

現在は、3週前に出場した「アーノルド・パーマー招待」で訴えた首痛の解消を目指している最中。21日から練習を再開したことも明かし、「今週と来週でどれくらいまでゴルフの状態が上がるか分からないですけど、いいプレーができるように準備したいと思う」と、連覇がかかる本番までの時間を過ごしていく。

マスターズ王者として過ごしてきた1年間については、「勝ってからすごく色んな人に祝福されたり、トーナメントに出ると『マスターズチャンピオン』と紹介され、すごくうれしい。今までと違う反応で見てもらえる」と振り返る。

さらに『人生が変わったか?』という質問には、「日本人がたくさん挑戦してきたなかで、僕が一番最初に勝てたことはすごくうれしい。人生がどう変わったかは、僕自身よく分かっていないですけど、トーナメントに出ている時、いろんな人の反応が前と違う。やっぱりそれだけのことをしたというのは感じる」と答えた。

あの日のコースでのことも思い返す。最終日。5打のリードを持ってサンデーバックナインに入ったが、15番パー5で池ポチャからボギーを叩いたことなどが響き、後続に迫られた。“楽勝ムード”から一転、緊迫の終盤戦になったことは、マスターズ制覇の難しさを感じさせた。

関連記事