• HOME
  • 記事
  • ゴルフ
  • プロゴルファー藤田光里 HIKARI FUJITA Vol.3「私にとってのウェアは戦闘服」

プロゴルファー藤田光里 HIKARI FUJITA Vol.3「私にとってのウェアは戦闘服」

3歳からゴルフを始め、一気にプロの舞台に駆け上がった藤田光里プロ。2013年にプロテストに合格すると、翌年の国内女子ツアー出場権をかけたQTをトップ通過。それどころか、翌週の新人戦で初優勝を飾ると、2年後の2015年には、フジサンケイレディスクラシックでは劇的な展開でツアー初優勝を飾った。その後は、ケガに悩まされる時期を乗り越えて、2019年に再びステップアップツアーで優勝。父親と歩んだ道のり、プロ参戦、歓喜、苦悩、新発見、ウェアを着る喜び、ファンとのつながり。20年以上、ゴルフと向き合ってきた彼女のありのままの想いを、言葉に変えていく。「Smart Sports News」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

「美人ゴルファー」と言われるのはうれしくない

──藤田プロは、昨年12月からテレビ埼玉で「ゴルフ偏差値向上委員会」という番組をスタートしましたね。

はい(笑)。

──どのようなきっかけだったのでしょうか?

私はレッスンが苦手で、雑誌の企画なども断り続けていました。でも、押しに負けました(笑)。「藤田プロでやってほしい」というふうに言ってもらえることがありがたくて、一度やってみたいと思うようになりました。

──レッスンが苦手というのは、感覚派ということもあるからですか?

そうですね。言葉で技術を伝える習慣がなかったので。誰かに中途半端に言ってはいけないだろうという思いもありました。レッスンには正解がなく、いろんな人がいろんなことを考えているものなので、そういう正解がないものを自分の感覚で発信する怖さがありました。自分が取り組んでいる方法も正解ではないですし、前向きではありませんでした。

──実際に番組を始めてみてからはどうですか?

番組の方からは、「全員に向けてやろうとしないで、自分が思っていて、やっていることを感覚的に話してくれたらいい」と言ってくれているのでやりやすいです。見てくださる方から声をかけられることもありますし、やってみてよかったと思います。

──今はどのような人に見てほしいと思っていますか?

みんなに見てほしいです(笑)。

──藤田プロをきっかけにゴルファーを目指す選手もいますよね。

そうであるとうれしいですね。番組では、衣装をチェンジして、かわいいウェアを着ることもあります。試合ではあまり着ないものもあるので、私としては、同年代の女性に見てもらえたらすごくうれしいです。これからゴルフを始める20代、30代の女性ですね。レッスンより、まずは雰囲気からゴルフに入ってもらってもいいと思っています。

──試合でウェアを着こなすポイントはありますか?

試合ではなるべく濃い色を着用しています。黒やネイビー、赤、黄色などをよく着ますね。逆に番組では、パステルカラーや薄いピンクなど、女子っぽいものを着ようと思い、自分で選んでいます。メイクさんにもイメージを伝え、髪型やバイザーをかぶったりしながら、毎回少しこだわっています(笑)。

 

──藤田プロは人気が高く、インスタグラムのフォロワーは6万人もいますよね。

ありがたいですよね。さすがにそれほどの数字になるとは思っていなかったのですが、番組を始めたときや、2019年のステップアップツアーのユピテル・静岡新聞SBSレディースを勝ったときなど、何かきっかけがあると急激に増えています。

──「美人ゴルファー」という取り上げられ方もしますが、実際はどのように感じていますか?

本音としては、あまりうれしくないですね(笑)。プロになり始めた頃は、若かったし、そう言ってもらえることもありがたかったのですが、今は客観的に見てそこじゃないというか……。

──今は、プレーもうまく、なおかつ華やかな選手が多いですよね。

そう思います。みなさん身だしなみがしっかりしていますよね。私は(大西)葵のようなばっちりメイクはできないですけど(笑)。

──大西プロとは仲が良いですが、本当にお2人は雰囲気が違いますよね。

全く違うと思います。性格もそうですし、メイクにしても、私はナチュラルじゃないと合わないというか、彼女のようなしっかりメイクが似合うことはうらやましいです。

──性格も違いますよね。

葵はせっかちですよね(笑)。最初は何を話しているか聞き取ることが難しかったのですが、最近、慣れてきました。ゴルフ場からあっという間に帰ってしまうし、私とは違ったマイペースですね。初めて会ったときは「怖っ!」と思ったのですが(笑)、今では一番話が合う相手です。プライベートでもいろんな話をしますね。

関連記事