• HOME
  • 記事
  • ゴルフ
  • ジャパンゴルフツアー選手会通信 「いつまでも忘れてはいけない」 チャリティの旅で強まった責任感、時松会長の出張レポート(No.160478) | ツアーニュース | ツアー情報 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net|GOLF情報

ジャパンゴルフツアー選手会通信 「いつまでも忘れてはいけない」 チャリティの旅で強まった責任感、時松会長の出張レポート(No.160478) | ツアーニュース | ツアー情報 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net|GOLF情報

山梨県庁を訪れた時松(撮影:ALBA)

ジャパンゴルフツアー選手会の活動の中で、大事な活動として社会貢献とチャリティがあります。プロスポーツとチャリティ活動は切っても切り離せないものです。

今回は、今年からジャパンゴルフツアー選手会会長に就任した時松隆光選手が、チャリティ寄附・寄贈のために山梨⇒岩手⇒宮城⇒福島を訪問した内容をご紹介いたします。

■コロナ禍でのトーナメント開催への感謝を込めて、山梨へ
コロナ禍で試合の延期や中止が続く中、「大会の開催に際しご理解して頂いた地元のために、なにかできる事はないか」という思いから、今年はジャパンゴルフツアー選手会で話し合って各自治体へ寄附金を贈ることが決まりました。

ようやくツアーの再開を迎えることができたのが、9月に富士桜カントリー倶楽部で行われた「フジサンケイクラシック」。10月19日(月)、時松選手はその舞台である山梨県を訪問し、県庁で長崎幸太郎・県知事へ寄附金70万円の目録をお渡しするとともに、大会開催についての知事の思いを聞きました。

―――

長崎幸太郎県知事(以下、長崎知事)「このたびは、大変なご厚意をたまわりましてありがとうございます。いただきました寄贈金は、感染防止策の充実のためにしっかりと使わせていただきたいと思っております」

関連記事