青木真也は『青木真也』をやめられない。御田寺圭コラム #ONEX

『白饅頭note』の著者であり、有料noteにも関わらず57,000以上のフォロワーを持つ御田寺圭(みたてら・けい)さんの連載コラム。

今回のテーマは「青木真也の敗北に思う」です。

青木選手の長年のファンだという御田寺さんは、今回の試合で、宿敵・秋山成勲選手に勝つことで『青木真也の物語はエンディング』になると考えていたようです。しかし結果は2ラウンドでTKO負け。

その時に、悔しさとともに安堵してもいるような不思議な感覚になったといいます。今回の因縁の対決から感じた思いを綴っていただきました。

■クレジット
文=御田寺圭

■目次

因縁の対決は2ラウンドTKO

「自分は器じゃなかった」
「いつもさぁ、那須川天心にも武尊にもなれないんだよ」
「最後そうだよ。最後いつもそうなんだよ」

血のにじんだ傷だらけの顔をした男の声は、いつも以上に掠れていた。

2022年3月26日、シンガポールに拠点を置く格闘技団体「ONE」の十周年記念大会「ONE X」が行なわれた。そのなかで「長年の因縁」に決着をつけると意気込んで戦いに臨んだ青木真也選手は、宿敵・秋山成勲選手に2ラウンドの打撃によるTKOで敗北した。1ラウンドをあわやタップアウトのところまで追い詰めておきながら、打撃による逆転をゆるしてしまったのだ。

青木選手とはSNS上で個人的な交流もあり、なおかつ長年のファンである私はこの試合をリアルタイムで視聴していた。この試合の前、もし青木選手が秋山選手に勝利すれば、彼が今日まで紡いできた「格闘家・青木真也」の物語は、ひとつのフィナーレを迎えるのではないかという気がしていた。

関連記事