• HOME
  • 記事
  • バスケットボール
  • ウエストブルックは“被害者”?アリナスがレイカーズの問題点を指摘「シュートを打たない奴がいる」<DUNKSHOOT>

ウエストブルックは“被害者”?アリナスがレイカーズの問題点を指摘「シュートを打たない奴がいる」<DUNKSHOOT>

チーム低迷の責任を負わされているウエストブルックだが、アリナスはその他の選手に問題があると考えているようだ。(C)Getty Images
シーズン後半戦に突入した今なお調子が上がらず、26勝29敗でウエスタン・カンファレンス9位とプレーイン・トーナメント圏内に甘んじているロサンゼルス・レイカーズ。レブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスの2枚看板がそれぞれケガで長期離脱した影響も大きいが、元NBA選手のギルバート・アリナス(元ワシントン・ウィザーズほか)は、チーム全体の問題点を指摘している。

昨オフのレイカーズは今季の開幕を迎えるにあたり、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワードといったベテランスターを獲得し、王座奪還に向けた陣容を整えた。

しかし、レブロンが腹部の痛みや左ヒザの負傷で計17試合、デイビスが右足のアキレス腱炎と右手首の痛みで計21試合を欠場。飛車角落ちのチームは12月に5連敗を喫し、レブロンとデイビスが戦列に戻ったあとも勝率5割を下回る苦しい戦いが続いている。
現役時代にオールスター出場3回、2005-06シーズンにはリーグ4位の平均29.3点を記録するなど、屈指のスコアリングガードとして鳴らしたアリナスは、自身がホストを務める『Fubo Sports』の番組『No Chill』でレイカーズが抱える問題点を指摘した。

「スターターにシュートを1~4本しか打たない選手がいる時がある。3人合計で15得点。それだと、残りの2人と、相手ディフェンダー5人の戦いになる。レブロンもいい年齢。彼の周りにもっと得点を取れる選手が必要だ。そういう状況を作れば、レブロンにダブルチームに行けなくなる」

1月はレブロン、デイビスが交互に抜ける試合が多く、どちらか一方とウエストブルックが得点源。残りの3人にはトレバー・アリーザ、エイブリー・ブラッドリー、スタンリー・ジョンソン、マリーク・モンク、ハワードというロールプレーヤーが日替わりでスターターに入っていた。ウエストブルックに批判の矛先が向きがちだが、むしろウエストブルックは“犠牲者”だとアリナスは見解を述べる。
「レイカーズが(ウエストブルックの)トレードの見返りで、チームの助けになる駒を手にできるかはわからない。ウエストブルックは必要とするスペースがないから、苦労している。だから今、本来の役割ではないことをしないといけない。コートに突っ立っているだけの選手がいるから、多くのジャンパーを打ち、強引にでもアクションをしないといけないんだ。

俺からすれば、ブラッドリーは『なぜ彼を守らないといけない?』『彼は(攻撃で)いったい何をするんだ?』という感じさ。彼はコーナーで突っ立っているだけ。彼にパスをしてほしいよ。彼はポンプフェイクとリターンパスをしているだけだ。アリーザも守る必要はない。彼はディフェンスのためにいて、シュートは平均4本しか打たない。仮に彼が3ポイントを4本すべて沈めたとしても12得点。俺は彼をレーンに突っ立たせるね」
対戦相手からすれば、守る場所を絞れて対策がしやすいと語ったアリナス。残り30試合を切ったレギュラーシーズン終盤戦で、レイカーズはケミストリーを確立できるだろうか。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事