盛り上がる卓球人気 老若男女がハマるその魅力とは?

コロナ禍で運動不足を感じている人が多い中、人気の高まっている卓球。特に、去年の東京オリンピック・パラリンピック以降、都内で開かれている卓球教室では、入会を希望する人が急増している。そこには、初心者が始めやすい手軽さや卓球ならではの魅力があった。

元全日本ダブルスチャンピオンで卓球教室のコーチを務める藤井寛子さんに聞く。(取材・文/二株麻依)

生徒数は2人→45人に 高まる卓球人気

――最近、卓球人気が高まっている実感はありますか?

藤井寛子(以下、藤井): めちゃくちゃありますね。中学高校でやっていて、大学とか、社会人になってはじめのころはやっていなかったけど、コロナ禍で運動不足になって、再開したいという、20代後半から30代がすごく多くて。最初は週1ぐらいとか、月1ぐらいでやっていこうかなって思っていたのが、今、毎日のように来てくださる方がいて。

最初は、体を動かすぐらいで良いかなと言っていたのですが、今度は試合に出たいって、試合の登録される方がすごく増えています。

藤井寛子,卓球,人気,YOYO TAKKYU,

そうした大人の方が増えているのと、あとは東京五輪の後、中学生の入会者がすごく増えました。私のいるYOYO TAKKYU西日暮里店はオープンして2年経ったんですけれども、最初は小学生・中学生の「ジュニアコース」は2人から始めました。それが半年ぐらい続いていて、1年目は10人ちょっとだったんですけど、東京五輪後、45人にまで増えました。それにすごくびっくりしています。

オリンピック・パラリンピックの効果というのもすごく大きいと思います。また、コロナ禍の中で、人との距離を気にするじゃないですか。卓球台は約2メートル75センチあるので、距離も保ちつつ体を動かしたいという方がすごく多くて。みなさんうまくコロナと付き合いながらスポーツを楽しみたいという気持ちが強いんだと思います。

関連記事