• HOME
  • 記事
  • 卓球
  • 【はじめて卓球部顧問になったあなたに】経験者と未経験者、練習を分けるべきですか

【はじめて卓球部顧問になったあなたに】経験者と未経験者、練習を分けるべきですか

卓球プレーヤー向け 【はじめて卓球部顧問になったあなたに】経験者と未経験者、練習を分けるべきですか

2022.03.30
公立中学校卓球部顧問の先生の多くは、卓球未経験者です。
やったことのない運動部の顧問になったら、何から手をつけたら良いのでしょう。

石川県金沢市で、卓球専門店の腕利きスタッフとして働く西東輝(さいとうあきら)さん(30歳)の元には、日々、北信越一帯の卓球部顧問の先生からの相談が舞い込んできます。
西東さん自身、大学時代に全日本学生選手権ダブルス3位に入るほどのプレーヤーでしたが、それ以上に、実に幅広い層への技術指導が深いことが特徴の指導者です。
プロ卓球選手・吉田雅己木下マイスター東京)のベンチコーチから、まだラケットを買っていない入部したばかりの中学生まで。

「でも僕らだって、陸上部100m走の練習のNG行為を知らないでしょう」
そう言って、西東さんは笑います。
ちなみに、陸上部顧問経験のある先生に聞いたNG行為は“走者がスタート準備に入ったら決してコースを横切ってはいけない”だそうですよ。

これまで西東さんの元に寄せられた質問と回答の中から、顧問の先生がたの役に立ちそうなものを実例を交えて紹介していきます。
部活動のあり方も問われる現在、はじめて卓球部顧問になった先生の負担が、せめて少しでも軽くなればと願っています。(編集:槌谷昭人)

西東輝さん
写真:金沢市の卓球専門店で接客する西東輝さん/提供:本人このページの目次

  • [7 意外な相乗効果]()

関連記事