• HOME
  • 記事
  • 卓球
  • スロベニアのエース・ヨルジッチが初優勝 世界卓球準V下す<卓球・ヨーロッパトップ16>

スロベニアのエース・ヨルジッチが初優勝 世界卓球準V下す<卓球・ヨーロッパトップ16>

大会報道 スロベニアのエース・ヨルジッチが初優勝 世界卓球準V下す<卓球・ヨーロッパトップ16>

2022.02.28 文:ラリーズ編集部
<卓球・ヨーロッパTOP16 場所:モントルー>

27日、ヨーロッパトップ16の決勝がフランスのモントルーで行われ、男子シングルスでダルコ・ヨルジッチ(スロベニア)、女子シングルスでハン・イン(ドイツ)がそれぞれ初優勝を果たした。

逆転で悲願の初優勝

男子シングルス決勝には、東京五輪スロベニア代表のダルコ・ヨルジッチと、2021年世界選手権準優勝のトルルス・モーレゴード(スウェーデン)が登場。準決勝でヨルジッチはパトリック・フランチスカ(ドイツ)、モーレゴードはティモ・ボル(ドイツ)をそれぞれ破って、決勝に勝ち上がってきた。

ダルコ・ヨルジッチ
写真:ダルコ・ヨルジッチ(スロベニア)/提供:ETTU2020年大会以来、2度目の決勝進出で初宇優勝を狙うヨルジッチだったが、決勝初進出のモーレゴードに先に3ゲームを奪われ、ゲームカウント3-1と苦しい展開となる。しかし、そこから怒涛の攻撃を見せて、見事に逆転。ゲームカウント4-3の激闘を制し、ヨルジッチがスロベニア人として初のヨーロッパトップ16王者となった。

また試合後、ヨルジッチは「彼のサーブとレシーブに惑わされて、最初は上手くゲームに入れなかった。何とかしてフォアハンドを深く送って相手を押し込むまで、たくさんもがいたよ」と劇的な逆転劇を振り返った。

              googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1579223839841-0'); });
           ## 男子シングルス結果

トルルス・モーレゴード
写真:トルルス・モーレゴード(スウェーデン)/提供:ETTU優勝:ダルコ・ヨルジッチ
準優勝:トルルス・モーレゴード
3位:ティモ・ボル(ドイツ)、パトリック・フランチスカ(ドイツ)

>>ダルコ・ヨルジッチの使用用具・大会成績・プロフィール

関連記事