• HOME
  • 記事
  • 卓球
  • ガルドシュが単複で2冠 男女複で若手が活躍<WTTフィーダー・デュッセルドルフⅠ>

ガルドシュが単複で2冠 男女複で若手が活躍<WTTフィーダー・デュッセルドルフⅠ>

大会報道 ガルドシュが単複で2冠 男女複で若手が活躍<WTTフィーダー・デュッセルドルフⅠ>

2022.01.17 文:ラリーズ編集部
<WTTフィーダー・デュッセルドルフⅠ 日時:1月12日~15日 場所:ドイツ・デュッセルドルフ>

15日、WTTフィーダー・デュッセルドルフⅠは最終日を迎え、全試合が終了した。

シングルス総括

ロベルト・ガルドシュ
写真:ロベルト・ガルドシュ(オーストリア)/提供:WTT男子シングルスを制したのはロベルト・ガルドシュ(オーストリア)だ。準決勝でサムエル・ウォーカー(イングランド)を下すと、ベネディクト・デューダ(ドイツ)に勝利したブライアン・アファナドール(プエルトリコ)を4-1で破り優勝を飾った。

写真:バラボラ・バラージョバー(スロバキア)/提供:WTT
写真:バラボラ・バラージョバー(スロバキア)/提供:WTT女子シングルス優勝を飾ったのはバラボラ・バラージョバー(スロバキア)だ。Chantal MANTZ(ドイツ)を下して決勝に進むと、シャン・シャオナ(ドイツ)と2度のデュースを含むフルゲームの激闘を制した。

              googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1579223839841-0'); });
           ## ダブルス総括

フェリックス・ルブラン、Esteban DORR
写真:フェリックス・ルブラン/Esteban DORR(フランス)/提供:WTT男子ダブルスでは期待の若手擁するペアが優勝を果たした。フェリックス・ルブラン/Esteban DORR(フランス)ペアは全4試合で失ゲーム数2と盤石な勝ち上がりを見せた。

Polina TRIFONOVA、Hana ARAPOVIC
写真:Polina TRIFONOVA(ブルガリア)/Hana ARAPOVIC(クロアチア)/提供:WTT女子ダブルスではPolina TRIFONOVA(ブルガリア)/Hana ARAPOVIC(クロアチア)による国際ペアが優勝を飾った。準決勝でベラルーシのペアにフルゲームで勝利すると、決勝ではクロアチアのペアに3-0のストレートで勝利した。

ロベルト・ガルドシュ、Karoline MISCHEK
写真:ロベルト・ガルドシュ/Karoline MISCHEK(オーストリア)/提供:WTT混合ダブルスを制したのはロベルト・ガルドシュ/Karoline MISCHEK(オーストリア)ペアだ。決勝ではドイツのペアにゲームカウント1-2からの逆転勝ちを決めた。ガルドシュは単複2冠を達成した。

関連記事