• HOME
  • 記事
  • 卓球
  • 一般受験生だけでインハイベスト16 安田学園卓球部の強さの秘訣は“仲の良さ”と“ミーティングの短さ”

一般受験生だけでインハイベスト16 安田学園卓球部の強さの秘訣は“仲の良さ”と“ミーティングの短さ”

卓球インタビュー 一般受験生だけでインハイベスト16 安田学園卓球部の強さの秘訣は“仲の良さ”と“ミーティングの短さ”

2021.10.17 取材・文:山下大志(ラリーズ編集部)
今回は東京都の安田学園高校卓球部にお邪魔した。全国中学校卓球大会団体戦に初出場した“黄金世代”が高校3年生となった2021年インターハイでは、学校対抗ベスト16、エースの伊藤礼博がシングルスベスト16とランク入りを果たした。

成績を見ると強豪校にも関わらず、練習の雰囲気を見ると良い意味で“普通の部活”という感じがした。監督や生徒に聞いても「授業後に週6回の練習はあるが土曜日も半日授業があるため、そこまで練習時間は長くない」「テスト1週間前には部活は休みになる」といわゆる一般的な学校生活の、普通の部活動だ。

では、なぜそこまで強くなれたのか。

安田学園高校卓球部の特徴を知るべく、行田和広監督、主将の廣田遼太朗(3年)、エースの伊藤礼博(3年)に話を聞いた。

安田学園高校
【安田学園高校卓球部】東京都の中高一貫校。2021年のインターハイには東京都予選を2位通過し出場。インターハイ学校対抗でベスト16入り、シングルスで伊藤礼博がランク入りを果たした。中学卓球部も強く、2018年、2019年には全国中学校卓球大会で団体英、2021年はベスト8に入っている。このページの目次

  • [7 【特集】潜入・高校卓球部]()

関連記事