• HOME
  • 記事
  • 卓球
  • 宇田幸矢、10連勝で1位通過 森薗、戸上も代表切符掴む<卓球・世界選手権日本代表選考会>

宇田幸矢、10連勝で1位通過 森薗、戸上も代表切符掴む<卓球・世界選手権日本代表選考会>

国内大会 宇田幸矢、10連勝で1位通過 森薗、戸上も代表切符掴む<卓球・世界選手権日本代表選考会>

2021.09.02 文:ラリーズ編集部
<世界選手権日本代表選考合宿 日時:8月30日~9月2日 場所:新潟県・新発田市カルチャーセンター>

2日、世界選手権の日本代表選考合宿は最終日を迎え、男子決勝リーグの全試合が終了した。宇田幸矢(明治大)、森薗政崇(BOBSON)、戸上隼輔(明治大)の3名が代表権を獲得した。

男子総括

写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:ラリーズ編集部
写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:ラリーズ編集部男子では宇田が6勝1敗で1位となり代表権獲得、次いで森薗も5勝2敗で2位となり代表権を獲得した。

戸上隼輔
写真:戸上隼輔(明治大)/撮影:ラリーズ編集部残る1枠をかけ、戸上、木造勇人(愛知工業大)、及川瑞基(木下グループ)が4勝3敗で並んでいたが、戸上がゲーム数のわずかな差で抜け出し、代表権を獲得した。男子の最終結果は以下の通り。

関連記事