• HOME
  • 記事
  • 卓球
  • 量販店にできる“地域密着”への挑戦「町のスポーツ店を目指して」

量販店にできる“地域密着”への挑戦「町のスポーツ店を目指して」

卓球×ビジネス 量販店にできる“地域密着”への挑戦「町のスポーツ店を目指して」

2021.08.18 取材・文:槌谷昭人(ラリーズ編集長)
東京五輪以降、街の至るところで卓球の話題を耳にする。
卓球は、何度目かの空前のブームを迎えようとしている。

見るのも楽しいが、自分でするのはさらに楽しいのが卓球だ。ぜひこの機に、まず自分の用具を揃えてみてほしい。

さて、ここは錦糸町だ。
スカイツリーだ。いや、錦糸町からはもうちょっと距離あるんですけどね。

スーパースポーツゼビオのお店の前から見えたスカイツリー
写真:凛と立つスカイツリー/撮影:ラリーズ編集部スカイ……え。

遠くにそびえるスカイツリーと、錦糸町駅前の謎のモニュメント
写真:スカイツリーと、錦糸町駅前のモニュメントのコラボ/撮影:ラリーズ編集部さて。
前回、神田小川町の“ビル型店舗”の本店に「卓球ブーム」の兆候を聞いてみたが、やはり全国津々浦々にあるゼビオと言えば、こういう店内のイメージだと思う。

スーパースポーツゼビオ錦糸町の店内
写真:広い店内と、いろんなところを見てしまう品揃え/撮影:ラリーズ編集部“ザ・ゼビオ”的なお店の、スーパースポーツゼビオ オリナス錦糸町店。入り口近くにあったアウトドアグッズに惹かれて手に取っていると、既に約束の時間を過ぎていた。

このページの目次

  • [7 取材したお店情報]()

関連記事