• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • さあ日本人選手の活躍祭りへ、三笘や久保、鎌田に堂安がゴール&アシストを決めれるか注目
三苫薫,サッカー

さあ日本人選手の活躍祭りへ、三笘や久保、鎌田に堂安がゴール&アシストを決めれるか注目

写真:三苫薫(提供:REX/アフロ)
カタールW杯が終わり、日本代表も新たな時代がスタートしようとしている。

そんな新制日本代表の中核を担うであろう欧州で活躍する日本人選手たちが、本日各国のリーグ戦に出場予定となっている。

ゴールやアシストなど、日本人選手の活躍祭りとなるか注目だ。

欧州中で日本人選手がリーグ戦に出場予定

プレミアリーグでは、24:00から三笘薫が出場予定の「レスター対ブライトン」の試合が行われる。

ラ・リーガでは、前節のバスクダービーでゴールを決めた久保建英が出場予定だ。

22:00から「R・バリェカノ対レアル・ソシエダ」の一戦が行われる。

23:30からは、いよいよリーグ戦が再開となるブンデスリーガ第16節が各地で行われる。

鎌田大地と吉田麻也が出場予定(長谷部誠は体調不良により欠場の可能性が高い)の「フランクフルト対シャルケ」と、堂安律が出場予定の「ヴォルフスブルク対フライブルク」の試合が行われる。

また、遠藤航と伊藤洋輝も同じ時間帯に「シュツットガルト対マインツ」の試合に出場予定だ。

ベルギーリーグでは、26:15から上田綺世が出場予定の「オーステンデ対セルクル・ブルージュ」の一戦が行われる。

※試合時間はすべて日本時間

アーセナルの冨安健洋やボルシアMGの板倉滉は1月22日に試合予定となっている。

今後の日本の若手選手が5大リーグへ移籍しやすいような活躍が期待される

現在の日本代表には、5大リーグで活躍する選手が多いが、18歳~23歳という若手選手に関してはそれほど多くない。(レアル・ソシエダの久保建英のみ)

日本代表の強さを今後も継続、さらなる向上をさせていくためには、若手選手が積極的に5大リーグにチャレンジし、スタメンを勝ち取っていかなければならないだろう。

そしてそのためには、現在5大リーグでプレーしている日本人選手のさらなる活躍が必須だ。

事実として、ドルトムントでブンデスリーガを連破した香川真司の大活躍後、ブンデスリーガでプレーする日本人選手が爆発的に増加した。

そういった意味では、三笘薫や久保建英、堂安律、板倉滉、鎌田大地、冨安健洋らはスタメンを勝ち取るだけでなく、インパクトのある活躍をし続ける必要がある。

明日の朝、多くの日本人選手の活躍のニュースがメディアに流れることを期待しよう。

関連記事