• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • 中国に“圧勝”した日本代表にサウジメディアも戦々恐々! 次戦は「サムライとの頂上決戦」と危機感を募らせる

中国に“圧勝”した日本代表にサウジメディアも戦々恐々! 次戦は「サムライとの頂上決戦」と危機感を募らせる

智将ルナール(左)率いるサウジアラビア。首位で迎える日本戦はワールドカップ出場も懸かっており、並々ならぬ闘志を燃やしている。(C)Getty Images
 本拠地で行なわれるサウジアラビア戦は、森保ジャパンにとって文字通りの大一番となりそうだ。

 1月27日に埼玉スタジアムで開催されたカタール・ワールドカップ(W杯)最終予選(グループB)の第7節で、日本代表は中国代表と対戦。2―0で快勝を収めて4連勝を飾り、通算戦績を5勝2敗とした。

 13分に大迫勇也のPKによるゴールで幸先よく先手を取った日本は、その後も中国を圧倒。被シュート数もわずか2本(枠内シュート0本)に抑え込むと、61分に途中出場の中山雄太のクロスに伊東純也が見事なヘッドで合わせて追加点を奪取。スコア以上の内容で貫禄の白星を飾った。

 試合後、森保一監督は「この中国戦でいいイメージの共有ができて、チームの総合力を高めて臨めるのはポジティブ」としながらも、「次はインテンシティー(強度)が高くなる。別次元の高いレベルで戦うことを覚悟して戦わなければならない」と2月1日に埼玉スタジアムで開催される次戦に向けて力を込めた。

 迎え撃つのは、グループ首位をひた走る強敵だ。昨年10月に行なわれた第3節の対戦で0-1と惜敗を喫していた日本にとっては、その雪辱を果たす意味でも負けられない一戦となる。

【動画】中山のクロスにドンピシャのヘッド!伊東純也の鮮やかな3戦連発弾 現地時間1月27日に開催されたオマーン代表戦に1-0で勝利したサウジアラビアは、勝点を「19」に積み上げた。来る日本戦に勝利すれば、2大会連続となるワールドカップ出場を手にできるだけに、敵地でも容赦なく3ポイントをもぎ取りに来るのは、想像に難くない。

 無論、国内でも日本撃破への機運は高まっている。サウジアラビアの日刊紙『Ajel』は、オマーン戦後に「選手たちのパフォーマンスには満足していないが、日本を倒したオマーンから勝点を取ったことが、最も重要だった」としたエルベ・ルナール監督のコメントを紹介したうえで、こう論じた。

「グリーンファルコンズ(サウジアラビア代表の愛称)は、2月に敵地で日本代表と対戦する難しい試合に臨む。中東で初めて開催されるワールドカップの出場権を獲得するための決死の戦いの中で迎えるサムライとの頂上決戦は、大舞台への切符を手にするための大きなステップとなり、この予選における我々の“勝利”を決定付ける試合となるだろう」

 3位のオーストラリアが勝点1差で肉薄する順位を考えても、2位の日本は負けが許される状況ではない。はたして、激闘が続くアジアでのビッグマッチでサムライブルーは快哉を叫べるだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】森保ジャパンに完敗。中国メディアは母国代表に「日本との間に生じた絶対的な強さとのギャップに直面した」と皮肉!

【関連記事】「本当に何かがおかしい――」イブラヒモビッチが仏紙で語った“キングカズ”。怪物FWが告白した引退時期は?

関連記事