• HOME
  • 記事
  • その他
  • 「ビーチサッカーが僕の全て」日本を心から愛する茂怜羅オズが東京ヴェルディと共に目指すもの

「ビーチサッカーが僕の全て」日本を心から愛する茂怜羅オズが東京ヴェルディと共に目指すもの

FIFAビーチサッカーワールドカップロシア2021で、日本代表が史上初の銀メダルを獲得したことは記憶に新しい。その中心にいたのが、選手兼監督の茂怜羅オズだ。

世界トップクラスの実力者である彼は、なぜ環境が良いとは言えない日本でのプレーにこだわるのか──。

東京ヴェルディとの出会い、自らが立ち上げたビーチサッカークラブへの思い。母国から遠く離れた日本で、ビーチサッカーに人生を捧げる男の物語がそこにはあった。

■クレジット
取材=北健一郎
文=渡邉知晃
写真=東京ヴェルディクラブ提供

■目次
東京ヴェルディとの出会い
辞めようと思った1年目の終わり
練習しながら練習場を探す日々
厳しい環境の日本でプレーし続ける理由

東京ヴェルディとの出会い

──オズさんが東京ヴェルディクラブに入るきっかけは?

茂怜羅オズ(以下、オズ) 以前から個人契約をしているアスレタの丸橋一陽社長がヴェルディ好きで、何度も一緒に試合を観に行きました。私も、日本にくる前からラモス瑠偉さんやビスマルクが所属していたので知っていました。その当時、丸橋社長が「ヴェルディを紹介するよ」と言ってくれたのが最初です。

──それからすぐにビーチサッカーチームが立ち上がった?

オズ 「こんなに早くできるのか」と思うほど、あっという間に立ち上がりました。2017年にヴェルディが沖縄で合宿をしていて、丸橋社長に「明日、沖縄に来てくれ」と言われて、その時の​羽生英之会長とお会いしました。次の日には電話で「ヴェルディからビーチサッカーチームを立ち上げる許可が出たよ」と言われ、あまりのスピード感に驚いたことを覚えています。​

──チームを立ち上げてから、ご自身で選手を集めるなどチーム運営をされているのでしょうか?

オズ そうですね。最初からクラブの代表兼監督兼選手という形でずっとやっています。

──3足の草鞋をはくのはすごく大変だと思いますが、やってみていかがでしょうか?

オズ 監督と選手の兼務は大変ですが、以前のクラブでも経験していたので慣れていました。しかし、クラブの代表は全く経験がありません。クラブを支えること、会社を作ることなど、全てがわからないことばかりで色々な方に相談しました。立ち上げ当初から今も一緒に仕事をしているマネージャーの篠原千賀子さんには、事務仕事をサポートしてもらっています。ヴェルディが活動できているのは、彼女のおかげです。

──クラブ運営をしていくためには、スポンサーの獲得が必要になると思いますが、営業もされているのでしょうか?

オズ 営業も含めて、立ち上げから全てを自分でやっています。どういう選手を獲得するかも自分で考えています。練習場についても、今は立川にホームグラウンドを持っていますが、以前は毎回、練習場を探していました。サポートしてくれるサプライヤーやファンの拡大も、全て篠原さんと一緒にやってきました。

──3足の草鞋どころか、社長からGM、営業、監督、選手と5つくらいの仕事をこなしている感じですね。

オズ そうです(笑)。細かく分けるともっとやっているかもしれません。

──選手としては、30歳を過ぎて周りの選手に教えたり、後輩を育てたりする役回りが強くなってきたのでは?

オズ それはあります。どうしても監督をやりながらだと、気持ちはあっても選手として100%ではできません。ただ、私は教えることも好きです。クラブの若手を育てて、日本のビーチサッカーを強くしたい思いを持っています。ヴェルディは、日本一のモデルチームです。力のある若い選手を発掘して、高いレベルの練習をすることで、代表入りを狙えます。それによってヴェルディの強さを維持することも可能になります。

関連記事