• HOME
  • 記事
  • その他
  • 選手のSNS活用は「試合の振り返り」が鉄板! ブランドマーケター・みる兄さんが分析するJクラブの勝ち筋

選手のSNS活用は「試合の振り返り」が鉄板! ブランドマーケター・みる兄さんが分析するJクラブの勝ち筋

マーケティング界隈でコアな人気を誇る『みる兄さん』の連載コラムがスタートします。

第1回のテーマは「JクラブのSNSマーケティング」についてです。

試合告知や地域活動の報告、移籍情報、スポンサー紹介など、さまざまな形で活用される公式SNSアカウント。Jリーグでは57クラブ全てがTwitterの公式アカウントを運用しています。

しかしSNSを用いて自分たちでコンテンツを生み出すには、予算もリソースも限界があります。Jクラブは、どうすればSNSを有効活用できるのでしょうか?マーケティングの観点から、みる兄さんに綴っていただきました。

■クレジット
文=みる兄さん

■目次
サポーターとの繋がりを作るためのSNS活用
SNSの利用者とサッカーの関係
JクラブとSNSの相性は良いのか?
相模原のSNS活用にみる事例
JクラブのSNS活用による勝ち筋

サポーターとの繋がりを作るためのSNS活用

いまではJ1、J2、J3どこのサッカークラブでも、公式SNSアカウントを開設しています。試合の告知、地域活動、選手の誕生日、移籍情報、スポンサー紹介などなど、役割はさまざま。さらにクラブとしてのSNS活用のスタンスには特長があります。

SNSを活用したマーケティングを5年ほど担当し、なおかつサッカーが大好きな私が、独自の視点でJクラブとSNSの関係をひも解きます。サッカーをより楽しく、また他のスポーツクラブやSNS活用を検討している『中の人』たちの参考になるように考察していきます。

今回は、特にJ2のクラブに焦点を当てて調べてみました。

なぜJ2か。

J1に定着しているクラブの公式SNSアカウントのフォロワー数は、軒並み10万を越えています。所属している選手も1万フォロワーをゆうに越えており、これはテレビ広告でみる誰しもが知っているマスブランドと同じくらいのSNSフォロワー数です。

企業やブランドのSNS活用はもともと持っている知名度を生かして、掛け算のように情報を届ける役割があります。

しかし『良いコンテンツ』と『企画』と『運用』を組み合わせることで、予算規模や知名度がない企業やブランドでも、SNSを活用してお客さまとより強い関係を作り、ライト層に足を運んでもらうきっかけにもなります。

関連記事