Smart Sports News

西村優菜、アイアン変更後6位→優勝→優勝 選ぶ基準は「つかまり・高さ・強い球」【勝者のギア】 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

UPDATE 2021/09/27

  • SHARE

リーダーボード

Pos 選手名 Sco 1 西村優菜 -15 2 淺井咲希 -12 3 野澤真央 -9 原英莉花 -9 古江彩佳 -9 6 柏原明日架 -8 大里桃子 -8 8 渡邉彩香 -6 鈴木愛 -6 黄アルム -6 順位の続きを見る

アマチュアにも参考になる西村優菜のクラブセッティング

アマチュアにも参考になる西村優菜のクラブセッティング

<ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 最終日◇26日◇利府ゴルフ倶楽部(宮城県)◇6591ヤード・パー72>

「すごく苦しい」、「すごく難しい」…。4勝目にして初めて逃げ切り優勝を遂げた西村優菜。最終日、5打のリードを持ってスタートし、追われる立場”の難しさを感じながら、2位の淺井咲希に3打差をつけて逃げ切った。後続に飲み込まれてもおかしくない状況でもセルフコントロールのうまさを見せた。

西村優菜の最新ドライバースイング【連続写真】

8番を終えた時点で原英莉花に2打差、淺井に3打差に詰め寄られ、9番パー4は175ヤードの2打目をアゲンストの風にあおられて30ヤードショート。3打目は2.5メートルオーバーしてボギーのピンチだが「ここをしっかり耐えないと今日は流れがこない。しっかり決めよう」。集中力を増して打った下りのフックラインを見事に沈めてパーセーブした。

15番パー3はグリーンの手前と左に池が広がる、易しくないホール。「目標(スコア)に届くように自信を持って振り抜こう」と放った6番アイアンは、ピン手前1メートルにつけてバーディ。2打差で迎えた最終18番も1メートルのバーディパットを沈め、逃げ切り優勝の難しさを感じながらも、後半でも自分のプレーに集中できるセルフコントロールを見せた。

最新アイアンに替えて6位、優勝、優勝と加速して見える西村。アイアンを選ぶ際の基準を問われ「まず球の拾いやすさと、基本的にドローヒッターなので、しっかりつかまってくれるかですね。あとは球の高さがしっかり出て、そんなに弱い球じゃないかは見ます」。また、大会前のドライバーの微調整を14本のシャフトをサポートするフジクラの担当者が明かす。

  • SHARE

RANKING

記事に関連する人気商品

FEATURED MEDIA

人気の記事