Smart Sports News

【両チーム記者会見/F1名古屋 vs 大分】首位攻防戦を制したのはオーシャンズ!リーグ優勝へ向けて大きな勝利を掴む。

UPDATE 2021/01/09

  • SHARE

1月10日(日)、Fリーグ2020-2021 ディビジョン1の名古屋オーシャンズ vs バサジィ大分が武田テバオーシャンアリーナで行われ、ホームの名古屋が4-1で勝利。試合後、記者会見が行われ両チームの監督とキャプテンが出席しました。

■この試合のハイライトはこちら(ABEMAビデオ)

“大事な試合を勝っただけ”。気を緩めてはいけない

フエンテス監督(名古屋オーシャンズ)

──試合を振り返って。

主導権を握ることができ、戦術的にもレベルの高いゲームができたと思います。ただゲームの流れでは危なかった場面もありました。大分にはいい選手ばかりが揃っていて、上位対決にもかかわらず“ぬるい”ゲーム展開になってしまった。決勝戦のような上位対決特有の空気感がありませんでした。どちらに(勝敗が)転ぶかわからない時間帯で失点していたら逆転されてしまうこともあり得たと思います。気持ちの入れ方やケアが必要なゲームだったと思います。

──スパウット選手とガブリエル・ペネジオ選手の出場時間が長かった。ある程度コンディションが取り戻せてきているからだと思いますが2人を長く使った理由と今日の評価は?

彼らは長い間、プレーできていなかったにもかかわらず名古屋オーシャンズというチームは結果を求められるのでとても難しい時間を過ごしていたと思います。ですが今日は彼らのフィジカル状態やパフォーマンス、チームの中での馴染み……。そういったところが少しずつ良くなってきているのである程度の時間起用しました。まだまだ適応期間が必要だと思いますが、彼らのキレはもっともっと出せるはずです。そのためにももう少し時間を与えたいと思います。

──ケガから復帰した吉川智貴選手がパワープレーの守備のセットにも入り長い時間プレーしていました。彼の今の状態はいかがでしょうか。

(10月末のケガで全治3カ月と診断されながら)2カ月で復帰したことは早い回復ですが逆に言えば2カ月の間試合から遠のいていました。にもかかわらずあのような高いパフォーマンスを発揮していて良かったです。彼は自分の求めるプレーをしっかりとこなしてくれる選手なのでトモキのような選手が戻ってきて監督としても非常に助かっています。ですがまだベストな状態ではないですが今日のパフォーマンスにはすごく満足しています。

──この勝利でリーグ優勝が大きく近づいたと思います。今後のリーグ戦に向けては?

今日の試合は私たちにとって非常に大事な試合で、この試合は勝ち点3ではなく勝ち点6くらい重みのあるゲームでした。ですが今シーズンはイレギュラーなシーズンなの私たちは目の前の試合を一戦一戦、決勝のように戦っていくだけです。“大事な試合を勝っただけ”で気を緩めてはいけないですし、毎日毎日週末の試合に向けて取り組んでいきたいと思っているので先のことはあまり考えていないですね。

──コロナ禍にもかかわらず多くのファン・サポーターが会場に足を運んでくれていました。

このような状況の中、週末の時間を使って名古屋オーシャンズの試合を観に会場に来ていただき感謝でいっぱいです。今シーズンはリモートマッチを経験して、私たちがこのようにプロとして活動できているのは自分たちの力ではないと改めて感じました。皆さんの力があって試合を開催できるのでそのありがたみを今日も感じましたし、力になりました。ですが新型コロナウイルスの状況もまた悪化してきて今後どうなるかわかりませんが、皆さんには身体には充分気をつけてほしいなと思います。

吉川智貴(名古屋オーシャンズ)

──試合を振り返って。

第1ピリオドで2-0にしてある程度自分たちのリズムでできていたところからちょっとずつ強度が下がってしまって、自分たちのやらなければいけないことができていなかった印象。不運な失点でしたがそれで試合が苦しくなってしまいました。ですがそこからもう一度盛り返せたことは良かった。首位決戦ですし最終的に勝ち点3をしっかり取れたことは満足していいと思います。

※吉川智貴のインタビューの続きはINSIDE OCEANSで。

優勝により近づいた名古屋オーシャンズを祝福したい

伊藤雅範(バサジィ大分)

──試合を振り返って。

2つあって、一つは今日の試合に勝利して優勝により近づいた名古屋オーシャンズを祝福したいです。2点目は、お互い激しい試合ができて、こういう社会情勢の中で見にきてくれる人たちが少しでも(楽しんでくれるような)いいゲームができたと思っています。今後も新型コロナウイルスの対策をしっかりしながらフットサルの、Fリーグの良さを出していきたいです。

森洸(バサジィ大分)

──試合を振り返って。

第1ピリオドの2失点がすごくもったいなかった。第2ピリオドは自分たちのスタイルを見つめ直してもう一度やり直そうということで前からの守備で戦いましたが1点、2点が届かなかったなと思います。

──粘り強く守備をしていましたが残り5秒の失点も含め1-4という結果に終わってしまった要因は?

小さいところなのかなと思います。別に悪くなかったと思っていますし、これを続けていけばいいと思います。最後のところは僕のマークミスだったり個々のミスなので個人的にも反省しなければいけない。一人ひとりがミスを感じて次に繋げていければいいと思っています。

──やはり名古屋が相手だと小さいミスが命取りになってしまう。

そうですね。

──パカット選手が合流できて大分にとって頼もしい選手が一人加わったのではないでしょうか。

2セットを組むときにフィクをが1枚足りなかったですし、そういったところで大きな戦力になってくれることを期待しています。これから練習の中でもう少し細かい部分を合わせていきたいと思っています。

▼ 関連リンク ▼

<< 前の記事へ

次の記事へ >>

▼ 関連記事 ▼

▼ tag list ▼

  • SHARE

RANKING

記事に関連する人気商品

FEATURED MEDIA

人気の記事