• HOME
  • 記事
  • ゴルフ
  • “惜敗の”ボールマークで畑岡奈紗が2年ぶりV 「2度と悔しい思いはしたくない」 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

“惜敗の”ボールマークで畑岡奈紗が2年ぶりV 「2度と悔しい思いはしたくない」 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

リーダーボード

Pos 選手名 Sco 1 畑岡奈紗 -19 2 A・アーンスト -13 E・ゾコル -13 M・ハリガエ -13 5 C・スーウンチャ -11 D・カン -11 笹生優花 -11 A・ヤン -11 E・ヘンセライト -11 10 朴仁妃 -10 順位の続きを見る

全米女子OPの悔しさを糧に… 米ツアー4勝目

全米女子OPの悔しさを糧に… 米ツアー4勝目(撮影:GettyImages)

マラソンLPGAクラシック 最終日◇11日◇ハイランド・メドーズGC(米オハイオ州)◇6555ヤード・パー71>

2019年以来となる米ツアー4勝目を決めた畑岡奈紗。毎年1勝を目標としていたが、この2年は優勝から遠のいていた。今季の「全米女子オープン」では、プレーオフまで進むも笹生優花に惜敗。そのときの悔しさが、今週の優勝へのモチベーションとなっていた。

小柄な畑岡奈紗が260ヤード飛ばす理由を解説【連続写真】

「二度とあの悔しい気持ちになりたくない」と、畑岡が使っているのは全米女子オープンの会場で買った記念ボールマーカー。「使いやすそうだなと思って買ったのがきっかけだったけど、『USオープン』の文字を見て、毎回悔しさを忘れないように」とメジャー制覇を逃した悔しさを糧にした。

「やっと勝つことができて嬉しいです」と久々の優勝を喜ぶ。次週はツアー唯一のペア戦でレクシー・トンプソン(米国)とのタッグも決定しており、その後はいよいよ母国での五輪が控えている。「少し自信がなくなっていた部分もあったけど、五輪前にまた勝つことができた」と、自信を取り戻して凱旋する。

以下、優勝会見の一問一答
――今朝コースに来たときは、この展開を想像していた?
こんな終わり方は、正直想像していなかったです。

関連記事