スペシャルコンテンツ Masaya Fantasista Vol.2「俺がスポーツ大会でDJをやる理由」

2020年9月、東京スカイツリーのお膝元に、スポーツクライミングの“聖地”が誕生した。「THE STONE SESSION TOKYO」を全面的にプロデュースしたのがJazzySportだ。
スポーツと音楽の融合を掲げて活動してきたJazzySport主宰のMasaya Fantasista氏はなぜ、スポーツクライミングの世界にどっぷりとハマっていったのか。
「SmartSportsNews」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

スポーツクライミングは1発で魅せられた

> ――スポーツクライミングは今でこそ五輪種目になって、世間的にも認知度はかなり高くなりましたが、masayaさんがかかわり始めた頃はまだそういう時代ではなかったわけですよね?

全然そんな時代ではなかったですね。でもはじめた頃からこれは面白いと思いましたね。やっても面白いし、見ても面白い。山岳スポーツの中でもニッチなところなので日本で認知されるのに時間はかかりましたけど、コンテンツとしての面白さは間違いないとずっと思っていました。赤ちゃんがつかまり立ちをして、そこからよじ登りたいという最初の衝動がそのままスポーツになったようなものなので本能的に楽しめるスポーツなんですよね。

――そもそもmasayaさんのクライミング との出会いは?

国分寺にあった頃のB-pump(現在は荻窪に移転したボルダリングジム)になんとなく行ったのが最初でした。尾川とも子さん(元日本代表のプロクライマー)がまだ現役のコンペティターだった頃にスタッフでいたんですよ。それでクライミング道場の初級がたまたま開催されていて参加しました。初めてにしては結構登れて、尾川さんにも「お兄さんすごい!かっこいい!」とおだてられたりして、気分を良くしていましたね。実際に登っていても面白かったんですよ。

――初めてのボルダリングで良い出会いがあったんですね。

これだけ登れたなら自分に向いてなくはないと思いました。体を鍛えるのは昔から好きでしたけど、単純なウェイトトレーニングとかには魅力を感じていなかったんですよね。でも自重を使った懸垂とかは好きだったので、ボルダリングはトレーニングの一貫としても魅力的でした。しかもスキーでよりレベルの高いところを滑るためには沢を登ったりすることもあってクライミングの能力が必要で、スキーの夏場のトレーニングにも最適だったんです。

――その国分寺時代のB-pumpに行ったのはいつ頃の話ですか?

もう20年くらい前で、ちょうどジャジスポを始めたての頃でした。そこからはただクライミングが好きで、ひたすらジムに通う一般のクライマーという感じでしたね。

――Jazzy Sportでは伊藤ふたば選手のサポートをされていますが彼女との出会いは?

ふたばのお父さんがクライミング好きで、お父さんに連れられてTSSで普通に登っていたのが最初でした。かわいらしくて、でもすごく負けず嫌いで。彼女が登っているのを見て“やるな”と、すぐに思いました。これはやるはずだからサポートしなければと「登り放題でTSSでトレーニングしていいよ」と声をかけたのが10歳くらいでした。その頃から運動能力は高いし、子どもの中では一際強いというのがひと目でわかりました。キャラクターもかわいらしくて良かったし、その上でメンタルの強さも備えていたんですよね。

関連記事