• HOME
  • 記事
  • Jリーグ
  • プロスポーツ界が「高単価×高付加価値」にチャレンジすべき理由。ブランドマーケター・みる兄さんの提言

プロスポーツ界が「高単価×高付加価値」にチャレンジすべき理由。ブランドマーケター・みる兄さんの提言

マーケティング界隈でコアな人気を誇る『みる兄さん』の連載コラム。第2回のテーマは「プロスポーツクラブが入場収入を増加させるためには?」についてです。

国内のプロスポーツの収益において、大きな割合を占める入場収入。しかしスタジアムもアリーナも最大収容人数は決まっており、今以上に大きな収益を生み出すことは難しいです。

そこでみる兄さんが目をつけたのが「高付加価値・高単価な入場収入への取り組み」です。ヴィッセル神戸らの事例をもとに国内のプロスポーツチームが取り組むべき施策の例を考えました。

■クレジット
文=みる兄さん

■目次
プロスポーツクラブの収益構造
入場収入を因数分解
「高付加価値・高単価」な入場収入への取り組み
終わりに
参考資料

プロスポーツクラブの収益構造

プロスポーツクラブの収益構造をご存じでしょうか? 営業収益の内訳は、入場収入/スポンサー収入/物販収入/放映権収入と大きく4つに分かれており、それぞれのスポーツで営業収益の割合は異なっています。

今回は国内のJ1リーグ、Bリーグ、海外のプレミアリーグ、MLBで、クラブ平均値を算出しておおよその内訳を計算しました。(コロナ禍の影響を受けていない2019年実績)

J1リーグ/Bリーグ/プレミアリーグ/MLB

引用:Jリーグマネジメントカップ2020
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/consumer-and-industrial-products/articles/sb/j-league-management-cup.html|Deloitte|2022年1月4日

引用:Bリーグマネジメントカップ2020
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/consumer-and-industrial-products/articles/sb/b-league-management-cup.html|Deloitte|2022年1月4日

引用:Annual Review of Football Finance 2019
https://www2.deloitte.com/global/en/pages/about-deloitte/articles/annual-review-of-football-finance.html|Deloitte|2022年1月4日

引用:Despite Lockdown, MLB Teams Gain Value In 2020
https://www.forbes.com/sites/mikeozanian/2020/04/09/despite-lockdown-mlb-teams-gain-value-in-2020/?sh=746a1f212010|Forbes|2022年1月4日

それぞれのクラブの平均営業収益は、J1リーグ約49億円/B1リーグ約9億円/プレミアリーグ約328億円/MLB約424億円。

これらのデータを比較すると、日本国内のプロスポーツクラブと欧米のプロスポーツクラブの営業収益規模の違いに驚きます。

特に大きく異なるのが放映権収入(JリーグとBリーグはリーグ配分金)ですが、これに関する考察はまた機会がある際に深掘りするとして、今回の記事では、営業収益のなかでもサポーターにとってより身近な、“入場収入”に焦点を当て、「プロスポーツクラブが入場収入を増加させるためには?」をテーマについて考察していきたいと思います。

関連記事