2部に相当するトップチャレンジリーグの開催概要をチェック|ラグビー

table { border-collapse: collapse; width: 100%; } td, th { border: 1px solid #dddddd; text-align: left; padding: 8px; }

新型コロナウイルスの影響で約11カ月ぶりの公式戦開催となったジャパンラグビートップリーグ。ここでは2部リーグに相当するトップチャレンジリーグの大会概要、参加チーム、試合方式を見ていこう。

参加チーム|トップチャレンジリーグ/9チーム

チーム名
近鉄ライナーズ
豊田自動織機シャトルズ
コカ・コーラレッドスパークス
釜石シーウェイブスRFC
栗田工業ウォーターガッシュ
マツダブルーズーマーズ
九州電力キューデンヴォルテクス
清水建設ブルーシャークス
中国電力レッドレグリオンズ

大会方式

9チームを2カンファレンスに分け、各カンファレンス1回戦総当たりのリーグ戦を実施。各カンファレンスの上位2チームにはジャパンラグビートップリーグ2021・プレーオフトーナメントへの出場権が与えられる。

Bカンファレンスの4位チームを除いた8チームは、その後順位決定戦を行い最終順位を決める。なお、Bカンファレンスの4位は順位決定戦には進めず最下位が決定する。

開催期間および試合数

2月13日(土)〜4月3日(土)【合計24試合】

試合方式

試合方式および勝敗の決定

当該年度のワールドラグビー競技規則に従って実施される。
試合時間は40分ハーフとし、ハーフタイムは12分以内とする。

勝点

勝ち:4点
負け:0点
引き分け:2点
不戦勝:4点
不戦敗:0点

ボーナスポイント

・勝敗に関係なく、3トライ以上の差をつけたチームに勝ち点1を追加
・負けても7点差以内のチームに勝ち点1を追加

順位の決定

全試合終了時点で、最も勝ち点の多いチームを1位とする。

関連記事