• HOME
  • 記事
  • その他
  • 【日本代表】チャイニーズ・タイペイに貫禄勝ち!GK高見のゴールも生まれ、東地区予選最終第4戦で“全14選手得点”を達成!

【日本代表】チャイニーズ・タイペイに貫禄勝ち!GK高見のゴールも生まれ、東地区予選最終第4戦で“全14選手得点”を達成!

日本代表は21日、AFCフットサルアジアカップ2022東地区予選の第4戦・チャイニーズ・タイペイ戦を戦い7-1で勝利を収めた。

第2戦目ですでに本大会への切符を獲得した日本は、4戦全勝を目指して4連戦目を戦った。

♦︎大会特集ページへ♦︎

開始2分に先制されてしまうが…

スターティングメンバーに名を連ねたのは黒本ギレルメ、加藤未渚実、吉川智貴、金澤空、平田・ネト・アントニオ・マサノリの5人。これまでとは違うセットでこの一戦に臨んだ。

今までの試合同様、日本が相手陣地で押し込んで試合を進めるが、第1ピリオド2分に相手にドリブルからカットインされると、先制点を決められてしまう。

追う展開になりながらも主導権を握って試合を進める日本は6分、得意のカットインから豪快なシュートを突き刺して同点とする。この勢いのまま、今までのようにゴールを次々重ねていきたい日本。相手GKの好セーブもあり、ゴールが遠かったが16分、内田隼太が上村充哉のシュートの軌道を変えて追加点を決め、逆転に成功。日本が1点リードしてハーフタイムを迎える。

大会総得点数は4試合で「42」に!

第2ピリオド、日本は高見政顕、上村、内田、堤優太、平田がピッチに立ち、2-1で試合は再開した。主導権を握る日本は22分、内田がこの日3点目を決めてチャイニーズ・タイペイを突き放す。さらに24分、左サイドの金澤が中央の本石猛裕に当て、その落としをクレパウジ・ヴィニシウスが決めてスコアは4-1に。

29分、日本がPKを獲得。この日初めてピッチに立ったオリベイラ・アルトゥールが冷静にPKを沈めて点差を「4」に広げる。しかし32分、高見がハーフウェーライン付近まで上がり押し込んでいると、相手にボールを奪われ無人のゴールへと蹴り込まれてしまうと、シュートはポストに救われる。ピンチを迎えた日本だったが33分、CKから平田がシュートを叩き込んで5得点目が決まる。

残り4分30秒を切ると、チャイニーズ・タイペイがパワープレーを仕掛けてくるが27分、高見がパワープレー返しを決めて7-1。高見がゴールを決めたことで、GKを含め今大会全選手が得点を決めたことになる。

試合は、7-1で終了。日本は今大会全試合で勝利を収め、総得点数は4試合で「42」。予選でアジア強豪国としての実力を誇示してみせた。

アジアカップ本戦は、2022年9月25日から10月20日にクウェートでの開催が予定されている。

試合結果

AFCフットサルアジア杯予選・第5節

日本 7-1 チャイニーズ・タイペイ
2′失点
6′内田隼太
16′内田隼太
22′内田隼太
24′ヴィニシウス
29′アルトゥール
33′平田ネトアントニオマサノリ
37′高見政顕

<< 前の記事へ

次の記事へ >>

▼ 関連記事 ▼

▼ tag list ▼

一覧へ戻る

yadsRequestAsync({yads_ad_ds:’67170_579602′,yads_parent_element:”ad67170_579602″});yadsRequestAsync({yads_ad_ds:’67170_579603′,yads_parent_element:”ad67170_579603″});

関連記事