• HOME
  • 記事
  • その他
  • 「真面目で厳格」という“キャラクター設定”。日本代表監督の本当の顔|ブルーノ・ジャパンの肖像

「真面目で厳格」という“キャラクター設定”。日本代表監督の本当の顔|ブルーノ・ジャパンの肖像


日本代表を率いる監督、ブルーノ・ガルシア。

性格は「真面目」で「厳格」で、なおかつ勤勉だ。スペイン人の彼は日本人以上に日本人らしい。なぜなのか。そのルーツは、ブルーノが幼少期から取り組んできた競技にあった。

日本の国技、柔道だ。

柔道の才能に恵まれたブルーノは、1996年アトランタオリンピックにおける柔道スペイン代表の座を争うほどの実力者だった。

だから彼は“道”を重んじる日本人の心の在り方を、知っていた。

フットサルの指導者になったのは、ケガで柔道を離れたことがきっかけだった。競技者としては運に見放されたのかもしれない。だが、ブルーノの心にはいつもフットサルがあった。

数奇な運命をたどり、彼は今、日本代表を率いて自身2回目のW杯に挑む。

彼の生い立ち、キャリア、この5年間の指導。そのすべての道が、つながっている。もはや、彼以上に、日本フットサルの未来を託す人物はいないのではないかと思うほど、最高の監督だ。

およそ1年ぶりにオンライン上で彼と“再会”し、その思いは確信に変わった。自分が教えを受けていたあの頃となんら変わらない愛情と情熱。そして真面目さと、厳格さ。

ただ一つ、「選手と監督」という関係だけが変わった。その関係性の違いが、彼本来のキャラクターを浮き彫りにする。ブルーノの素顔──。

僕は10年来の友人に会ったように時間が経つのを忘れ、彼の深みのある言葉に耳を傾けた。

インタビュー・編集=渡邉知晃

※インタビューは8月25日にオンラインで実施しました

関連記事