• HOME
  • 記事
  • その他
  • 【日本代表/WEB取材】「電気を流したり足を曲げ伸ばしするだけの毎日」から2年半。W杯を目前に控える八木聖人の覚悟。

【日本代表/WEB取材】「電気を流したり足を曲げ伸ばしするだけの毎日」から2年半。W杯を目前に控える八木聖人の覚悟。

フットサルワールドカップ開幕まで残り1カ月半。日本代表チームは現在、千葉県の高円宮記念JFA夢フィールドでトレーニングキャンプを行っている。

日本国内に「右利きのアラ」というプロファイルの選手が多くひしめく中、八木聖人はW杯直前のトレーニングキャンプにも八木は継続して呼ばれ続けている。しかし、2019年の3月にドリブラーとしては致命的な、右膝外側半月板を損傷。手術とリハビリを経て半年後に復帰したものの元のパフォーマンスは発揮できずにいた。

それでも昨季から名古屋オーシャンズの主力として完全復活し、今では日本代表にもコンスタントに呼ばれるようになった。その一方で名古屋オーシャンズサテライト時代から共にしのぎを削ってきた齋藤功一、橋本優也が若いうちに現役を引退。2人への想いも抱きながら戦う八木に、28日の午前練習後オンラインインタビューが行われた。

関連記事

関連記事