Smart Sports News

最高の一瞬『格好いい姿勢_モノクロ(スピードスケート)』

UPDATE 2021/11/07

  • SHARE

スピードスケートのリンクは、製氷されると鏡のように選手の滑っている姿が映るようになります。

写真は、製氷後の2組目くらいの選手のスタート後のものです。前の組のレースの氷を蹴った跡が残りつつ、今滑っている選手も氷に映っています。

選手の滑っている姿を、ただ撮るだけでは面白くないなと思って、こういう作品作りはよくしています。

スピードスケートのウエアは、見てわかるように体に張り付く感じですから、鍛えられた選手たちの体のラインが出る感じが格好いいです。サングラスも含めてウエアのデザインもよくなってきているので、滑っている姿は写真映えしますね。

ただ、やはりトップレベルの選手じゃないと、フォーム自体の格好よさは出せません。写真は、選手の低い姿勢と腕のフリがよくわかる形を狙っています。

▼岸本勉(きしもと・つとむ)

1969年生まれ、東京都出身。 10年余りスタッフフォトグラファーとして様々な国内外のスポーツイベントを撮影。2003年に独立、「PICSPORT(ピクスポルト)」を設立。良くも悪くも人の記憶に残る写真を撮ることを心がけている。オリンピックは夏季冬季合わせて14大会、FIFAワールドカップは7大会、ほか国内外問わず様々なスポーツイベントを取材。2015年FINA世界水泳選手権カザン大会より、オフィシャルFINAフォトグラファーを担当。国際スポーツプレス協会会員(A.I.P.S.)/日本スポーツプレス協会会員(A.J.P.S.) Instagram:@picsport_japan

  • SHARE