Smart Sports News

THINK SPORTS『スピード』

UPDATE 2021/10/13

  • SHARE

多くのスポーツにおいて、「スピード」はそれぞれのスポーツの魅力を知らしめる最大の要素になっている。

速いことがすごく、速いことが偉い。プレーする人も見る人も、スピードに敬意と憧れを持つ。

「彼は150km台のストレートを投げる」

「50m5秒台のスピードを持つ快速FW」

「5000m13分台の記録を持つ長距離ランナー」

速さは、選手の能力を示す尺度でもある。

ただ、速いからといって結果が出るとは限らないのが、スポーツの不思議なところだ。

150㎞のストレートを投げる投手も打ち込まれて敗戦することがあるし、サッカーの世界では「どんな速い選手でも、ボールより速く走れる選手はいない」とよく言われる。パスを使えということだ。

また触れておくべきなのは、陸上の4×100mリレーだろう。他国に100mのタイムで上回る選手たちが多いにも関わらず、日本はバトンパスのスピードを上げる工夫で、これまでオリンピックで2度もメダル獲得に成功している。

考えるスピードだったり、工夫するスピードだったり。見た目の速さに対抗する「スピード」があるのも、スポーツの面白いところだ。

  • SHARE