Smart Sports News

中島啓太がアマ5人目の偉業達成、「とにかく14回ドライバーを振る」【勝者のギア】 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

UPDATE 2021/09/27

  • SHARE

リーダーボード

Pos 選手名 Sco 1 中島啓太 -18 2 永野竜太郎 -18 3 大岩龍一 -17 4 矢野東 -16 小林伸太郎 -16 6 C・キム -14 J・デロスサントス -14 8 稲森佑貴 -13 木下稜介 -13 S・ノリス -13 順位の続きを見る

ドライバーを14回振り切った!中島啓太の勝者のギア

ドライバーを14回振り切った!中島啓太の勝者のギア

パナソニックオープン 最終日◇26日◇城陽カントリー倶楽部(京都府)◇6967ヤード・パー72>

パナソニックオープン」でツアー史上5人目(1973年のツアー制施行後)のアマチュア優勝を決めた中島啓太(日体大3年)。開幕前から決意があった。「とにかく14回ドライバーを振る」と、ナショナルチームのガレス・ジョーンズコーチに伝えたのは、予選落ちに終わった「全米アマ」を終えてから。それまでアマチュアでプロ大会の優勝を意識してきたが、11月に控える「アジアアマ」に照準を切り替えた。

表彰式前、涙をこらえきれず男泣き【大会写真】

「アジアアマで、いかなきゃいけないホールでドライバーを打つ自信になる」と、優勝争いの緊張感の中でも果敢に振り抜き、アジアアマでの優勝争いをイメージ。「今日はドライバーの調子も悪くて、15、16番も狭くて刻みたい。でも、それでバーディを獲っても嬉しくない」。FWキープ率は最下位だったが「今日は風も吹いていたし、間違っているかなとも思ったけど、ブレずに行けたのは自信になりました」。

中島の使用クラブは、下記のようにパターを除く13本がグラファイトデザインの最新モデル『TOUR AD UB』。現代の高MOIヘッドの性能を活かしてパワーをダイレクトに伝える特性のもので、やや軽めで剛性の高いものだった。

今大会はドライビングディスタンスの計測が行われなかったが、ドライバーの飛距離を問われ「300ヤードと言いたいんですけど、285ヤードのバンカーは越せます」と、はにかんだ。大会中にも現地でジムを探して筋トレに勤しむなど、世界を見据える若者はさらなるスケールアップを黙々と目指している。

  • SHARE

RANKING

記事に関連する人気商品

FEATURED MEDIA

人気の記事