Smart Sports News

最高の一瞬『注目の女王_ヤンヤ・ガンブレット(クライミング)』

UPDATE 2021/05/09

  • SHARE

2018年にオーストリアで行われた、クライミング世界選手権で優勝(ボルダリング、複合)した、ヤンヤ・ガンブレット選手です。この写真はボルダリングのときもので、登ったあとに喜びながらジャンプして下りるところです。

私が彼女を見たのはこの大会が初めてでしたが、圧倒的に強くて衝撃を受けました。翌2019年の世界選手権も優勝(リード、ボルダリング、複合)していて、東京オリンピックでもぶっちぎりの金メダル候補と言われています。

スロベニア出身で、現在まだ22歳。男子の壁でも行けてしまうのではと思うほど、身体能力が高く、バランスもいい。他の選手が苦労している課題を、涼しい顔をして完登したりする様は圧巻ですね。

見た目はクールですが、喜んだときはまだあどけない感じもあり、そうしたギャップもいいかなと思います。

クライミングの選手たちは、体の引き締まった美男美女が多く、写真映えする選手ばかりです。東京オリンピックでぜひ注目してもらいたいですね。

▼窪田亮(くぼた・りょう)

1985年京都府京都市生まれ。滋賀県育ち。JCII主催「水谷塾」でスポーツ写真を学ぶ。通信社の契約フォトグラファーとして、2019ラグビーW杯や様々なスポーツ大会を取材。東京五輪オリンピックを取材予定。個人の活動としてはクライミング、サッカーを中心に国内外問わず取材をしている。現在、「横浜F・マリノス」オフィシャルフォトグラファーとしても活動している。 ANSP(日本スポーツ写真協会)会員 / AJPS(日本スポーツプレス協会)会員 / AIPS(国際スポーツプレス協会)会員

  • SHARE