Smart Sports News

パター練習に意外なアレが最適!? 渋野日向子が使っている“赤いもの”の正体は… | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

UPDATE 2021/07/21

  • SHARE

シブコの手に謎の赤い目印…いったいこれは?

シブコの手に謎の赤い目印…いったいこれは?(撮影:鈴木祥)

大東建託・いい部屋ネットレディス 事前情報◇21日◇滝のカントリークラブ(北海道)◇6578ヤード・パー72>

米国の転戦を終えて、国内復帰2戦目を迎える渋野日向子。前週の「GMOインターネット・レディース “秘密道具”で黙々練習するシブコ【LIVEフォト】

持ち前のパッティングに苦戦したのが大きく、平均31.50パットとらしくない数字に。「自分のタッチと向きが合っていなくて、かすりもせずに外すことが多かった」と、パッティング練習を強化する中、ある“秘密兵器”が目を引いた。

プロアマを回りながら、グリーン上を入念にチェック。すると、佐藤賢和キャディが本戦の想定カップ位置に赤い目印をつけて練習を始めたが、その目印が特徴的だった。ゴルフ場ではあまり見かけないけど、どこかで見たことがある…と思ったら、車や道路、駐車場などに使われる反射板。

「見やすいというのもありますし、キャディさんにとっては、練習ラウンドで距離を測るのにも見つけやすいみたいです」(渋野)。佐藤キャディが米国で購入したもので、日本では中々手に入らないらしい。レーザーで距離計測を行う際にも使いやすいようで、重宝しているそう。意外な便利道具が、パター復調の助けになるか。今週は持ち味である強気のパットで、日本のファンを賑わせたい。(文・谷口愛純)

  • SHARE

RANKING

記事に関連する人気商品

FEATURED MEDIA

人気の記事