Smart Sports News

東京五輪優勝を目指すU-24日本代表が優勝候補のスペインとドロー|キリンチャレンジカップ|フォトギャラリー

UPDATE 2021/07/18

  • SHARE

U-24日本代表は17日、ノエビアスタジアム神戸で行われたキリンチャレンジカップ2021でU-24スペイン代表と対戦し、1-1のドローに終わった。

5日後に東京オリンピック(五輪)の本大会初戦を控える日本にとって最後のテストマッチは、優勝候補と目されるスペインとの一戦となった。

日本は12日のホンジュラス戦から3人を変更。中山、田中、三好に代わって旗手、板倉、相馬が起用された。

試合は42分、久保が入れたマイナスの折り返しに堂安が左足ダイレクトで合わせてゴール左上隅の神様コースを打ち抜いた。10番の得点で日本がリードして前半を終えた。

後半は主力メンバーを下げたことで、スペインに押し込まれる場面が散見される。すると78分には都抽出所のペドリを起点とした攻撃から最後はソレールのゴールが生まれて、試合は振り出しに戻った。

勝ち越しゴールを狙う日本だったが、試合終盤のFKの場面では田中のシュートが阻まれるなどネットを揺らすことはできず。大会前の最後の一戦は、優勝候補とごかくに渡り歩きドローに終わった。

[第二の故郷スペインとの対戦で躍動する久保建英]

[ポストプレーで存在感を見せた林大地]

[先制点は日本の10番・堂安律]

[ジョーカーとして期待される前田大然]

[激しいボール奪取を見せた田中碧]

[いざ本大会へ]

■クレジット
写真;浦正弘

  • SHARE