Smart Sports News

高柳直人&比嘉真美子が使う「シャープな」新アイアンは、“マッスル”と“キャビティ”のいいとこ取り | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

UPDATE 2021/06/11

  • SHARE

高柳直人と比嘉真美子が使う新アイアン『i59』

高柳直人と比嘉真美子が使う新アイアン『i59』(撮影:鈴木祥)

「宮里藍 サントリーレディス」初日に10個のバーディを奪って首位スタートを決めた比嘉真美子。公式会見では「シャープなアイアンに替えてグンと良くなった」と振り返る。実は、比嘉が2位タイに入った先々週の「リゾートトラストレディス」には新しいアイアンに切り替えていた。このピンの未発表モデルには『i59』と刻印してある。国内男子ツアーですでに投入している高柳直人に、どんなアイアンなのか直撃した。

マッスルバックでかっこいい『i59』を激写!【写真】

高柳がマッスルバックの『i59』に替えるまで、使っていたのはキャビティバックの『i200』。チェンジする前の比嘉や、渋野日向子、鈴木愛、金谷拓実が使用している『i210』の1つ前のモデルだった。高柳自身は球が上がりやすいキャビティバック形状の『i200』、『i210』、上級者向けの『iBLADE(アイブレード)』、マッスルバック形状の『BLUEPRINT(ブループリント)』とひと通りピンのアイアンを試してきている。

「『BLUEPRINT』は顔も打感もすごく好きだったんですけど、重心距離が短いせいか、僕にとってはちょっとヘッドの返りが大きかった。『i59』の慣性モーメント(ヘッドの直進性)は『i200』とか『i210』に近い。『BLUEPRINT』よりは間違いなくフェースは返りづらいです」

高柳はフェードヒッターなので、返りにくいヘッドのほうが好み。構えた見た目では、グース(フェースのオフセット)が少ないほうが弾道のイメージは出しやすいという。

「『i59』は『iBLADE』や『i210』に比べてネックがストレート気味(グースが少ない)なので、よりフィーリングは出ますね。『i200』や『i210』のグースはもっと少なければ良いとずっと思っていたんです。それに『i200』や『i210』はソール幅が広いので、地面が硬いときに、バンスが当たり過ぎるのが少し気になっていました。『BLUEPRINT』はソール幅が狭くて良かった。『i59』は『i210』のような慣性モーメントに、『BLUEPRINT』のような狭いソール幅で、僕のなかでは両方のいいとこ取りに感じます」

  • SHARE

RANKING

記事に関連する人気商品

FEATURED MEDIA

人気の記事