Smart Sports News

【きょうのスポーツ】各地で“ジャイキリ”続出!横浜FM、FC東京らが天皇杯2回戦で姿を消す波乱に。|サッカー

UPDATE 2021/06/10

  • SHARE

9日、天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会の2回戦26試合が各地で行われ、そこで横浜F・マリノス、FC東京が早々に姿を消した。

横浜FMは、静岡県代表のHonda FCと対戦。先制されながらも追いつき、延長戦を迎えると102分にレオ・アセラが貴重な勝ち越し弾を挙げる。しかし106分にHonda FCの岡﨑優希が同点弾を決めて試合はPK戦へ突入。その結果、Honda FCが試合を制しジャイアントキリングを達成した。

そして、FC東京は千葉県代表の順天堂大学と戦った。前半9分に永井謙佑のゴールで先制し1点リードを保っていたが、88分に失点し延長戦へ。105+2分に順天堂大の小林里駆が値千金の決勝点を決めた。

その他にもベガルタ仙台がJ3のいわてグルージャ盛岡に0-1で敗れ、J2のモンテディオ山形がアマチュアシードのヴェルスパ大分に1-2で敗れるなど各地で下剋上が起きた。

また、勝利したものの川崎フロンターレはAC長野パルセイロと、湘南ベルマーレはF.C.大阪とPK戦にもつれるほどの接戦を繰り広げた。

天皇杯2回戦の日程・試合結果は以下
https://www.jfa.jp/match/emperorscup_2021/schedule_result/

6月10日のスポーツ

  • SHARE