Smart Sports News

188cmの幡地隆寛は32インチパターで今季最高5位 「ボールに近ければ近いほどラインが見やすい」 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

UPDATE 2021/06/09

  • SHARE

幡地隆寛の32インチの短尺パター

幡地隆寛の32インチの短尺パター(撮影:鈴木祥)

日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」の練習日。幡地隆寛のパッティングが何かおかしい。その違和感の正体はパターの短さにあった。身長188センチの幡地はそれまで35.25インチと少し長めのパターを使っていたが、練習日には32インチの短いパターに中尺用の長いグリップを挿して使っていたのだ。

188センチの幡地が、32インチのパターで打つとこうなる【写真】

27歳の幡地がツアーにフル参戦を始めたのは2019年シーズン。平均飛距離で315.3ヤードを記録して、2位になったワールドクラスの飛ばし屋だ。今シーズンの平均飛距離はここまで311.5ヤードで1位となっている。課題のショートゲームを重点的に練習してきたが、今シーズンは日本ゴルフツアー選手権が始まるまで7試合に出場して予選落ちが4回。4月に行われた「東建ホームメイトカップ」の21位が最高成績で、なかなか結果が出せていなかった。

日本ゴルフツアー選手権では普段から仲のいいJ・チョイ(米国)に「35インチにこだわらないほうがいいんじゃないか」と言われて、35インチのパターを32インチに切って、チョイとともに練習ラウンドを行った。32インチのパターに中尺用の長いグリップを入れると、パターの半分がグリップのようで、体の大きい幡地が持つと、より短く見える。

幡地が短いパターを使う意図とは? 「ボールに近ければ近いほど、すごくラインが見やすいし、短いので振りやすい。ブレがほとんどない。背が低い人がパッティングに迷いなく打っている感じってそういうことなのかなと」と今までにない発見があった。

大事な国内メジャー大会で思い切ったチェンジを行ったのは「良いパッティングをしているのに、何で入らないんだろう? 昔に比べたら今はすごく良いパッティングができているのに、結果がついていかない」という思いがあった。そこで「短いパターで足りないものを何かを掴めれば」とついに決断したのだ。

  • SHARE

RANKING

記事に関連する人気商品

FEATURED MEDIA

人気の記事