Smart Sports News

最後まで直せなかったスイングのズレ 小祝さくらは珍しくキッパリ「明日こそはリベンジ」(No.159917) | ツアーニュース | ツアー情報 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net|GOLF情報

UPDATE 2020/10/17

  • SHARE

リーダーボード

Pos 選手名 Sco 1 淺井咲希 -5 2 申ジエ -4 3 ペ・ソンウ -3 4 全美貞 -2 脇元華 -2 稲見萌寧 -2 7 比嘉真美子 0 柏原明日架 0 安田彩乃 0 小祝さくら 0 順位の続きを見る

雨と寒さに苦しんだ1日 小祝さくらが5打差逆転へ「リベンジ」を図る

雨と寒さに苦しんだ1日 小祝さくらが5打差逆転へ「リベンジ」を図る(撮影:米山聡明)

<富士通レディース 2日目◇17日◇東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)◇6659ヤード・パー72>

開幕前に「体が冷えると思うので防寒対策をしっかりしたい」と寒さをキーポイントに挙げ、初日に2アンダー・7位タイと上々の立ち上がりを見せた小祝さくら。だが2日目は、12.6度という気温に加え、強い雨風という天候に苦しめられ、1バーディ・3ボギーの「74」とスコアを2つ落とした。順位は7位タイをキープしたものの、スコアはトータルイーブンパー。首位との差は5打まで広がった。

安定感がすごい!小祝さくらの最新ドライバースイング【連続写真】

「この天気で寒さだったり、雨だったりといろいろ難しかったです」と1日を振り返った小祝。「きょうはティショットがあまり良くなくて、後半も修正しながらプレーしていたんですけど、結局最後まで…という感じです」と反省点を挙げた。「下半身が浮いてしまった」というスイングのズレを修正できなかった。

「こういう天気だと考えることがあり過ぎて、スイングするまでにも注意点がいっぱいあった。それを考えながら打つということが、なかなかうまくいきませんでした…。難しかったですね」。傘をさしたり、服を着たり脱いだり。さらには強い風も計算しなければいけない。いつも以上にやることが多い中で気が回りきらなかった。そして「きょうは良いところなかった1日でした」というのがこの日の総評だ。

よほど思う部分があったのだろう。普段はおっとりしている小祝が珍しく強い気持ちを口にした。「明日はきょうよりは天気も絶対にいいので、リベンジというか、しっかり切り替えてプレーしていきたい」。そうはいってもまだ5打差。今季平均バーディ数1位の攻撃力を発揮できれば勝機は十分にある。(文・秋田義和)

  • SHARE

RANKING

記事に関連する人気商品

FEATURED MEDIA

人気の記事