【ハンドボール】東俊介 SHUNSUKE AZUMA Vol.3「“パラレルワーカー”という生き方」

ハンドボールで日本一に9度輝き、日本代表ではキャプテンを務めた東俊介氏。引退後は複数のスポーツ関係企業で仕事をする“パラレルワーカー”として活動する。
野球やサッカーのような大きな市場にはなっていないマイナー競技の世界で戦ってきたからこそ見える、これからの日本のスポーツ界に必要なものとは。
「SmartSportsNews」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

パラレルワーカーという働き方

――ハンドボールが東さんの軸としてあると思いますが、パラレルワーカーと言われるように本当にいろいろなことやられているわけですよね。そうすると「ハンドボールに集中してないんじゃないか」とかそういう見られ方をされることもあると思いますが、東さんがパラレルワーカーという働き方をされている理由はなんでしょうか?

面白そうなことをとりあえずやってみたり、必要とされているところの手伝いをするというのが基本的な姿勢ですね。必要とされなくなれば別に離れてもいいというスタンスでやっています。僕の中で最終ゴールは「ハンドボールをメジャーにする人になる」と決めているので、そのためにもいろんなことを知っておいたほうがいいと思っています。あとはいろいろなところで仲間を増やすことも大事です。世間を知れば知るほど、多様なコンテンツが溢れている世の中で「ハンドボールを応援してください」というのは難しいことに気がついて。それよりもたくさんの仲間をつくって「僕の夢を応援してください」という方が実現性が高いかなと思っているんです。

――いろいろなことに関わることで応援してもらえるような人や企業を増やすことをやっているわけですね。

この先サービスや商品はどんどんコモディティ化していって、品質や価格に差はなくなっていくと思うんです。何を買うかよりも誰から買うか。誰と一緒にいたいかというところの選ばれる人になっていかなきゃいけないと強く感じています。

――“東俊介”を応援したいという人が結果的にハンドボールをバックアップしていく。それは東さんのやりたいことと合致していくというわけですね。

それだけいろいろなことをやっていると関わってくる人はいっぱいいるので、この人とこの人繋いだら面白いなとか。“村”と“村”という言い方をするんですけど、離れていれば離れているほど価値って上がるんですよ。僕もアスリートをやっていたのにビジネスのことをやると珍しい人間になるじゃないですか。例えば北海道は蟹が当たり前にありますけど、沖縄に行くと珍しいから価格も上がって相対的な価値も上がる。そんなことが世の中にはいっぱいあるような気がしています。「スポーツは素晴らしい」と言いますけど、それはスポーツの中の人だけが言っているんじゃないか、村の外には伝わっていないからスポーツにお金も人も集まってないんじゃないですかと思うんです。

――ハンドボールから遠いところに関わることで東さん自身の価値が上がって応援される人になり、相対的にハンドボールの価値も高めながらスポーツの良さを伝えていくと。

最近よく話すのが「ハンドボールの畑を掘っても何も埋まっていなかった」と。日本代表のキャプテンをやるくらい掘ってみたけど、何も埋まっていなかった。でも同じようにITの畑を掘ってみたらザクザクと出てくるわけです。「ではどっちの畑を掘りにいきますか?」となるわけですけど、掘る力をつけておけばどこに行っても掘れるというのは実感としてあります。

――掘る力をつけておくというのは?

何かできないことをできるようにするというのはアスリートの優れている能力だと思うんです。つまり目標にコミットする力はある。スポーツ教室とかで「サッカーをうまくします」「野球をうまくします」というのは世間で成功している親には通用しないんです。「それで食べていけるの?」「いつまでもサッカーや野球をしているんじゃない」となるわけで、だからそれは将来ビジネスにも役に立つというこのシフトチェンジが必要なんですよね。

関連記事