• HOME
  • 記事
  • ゴルフ
  • 目指すはトップ10、木下稜介は欧州ツアー臨時メンバー登録も済ませ「あとはやるだけ」 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

目指すはトップ10、木下稜介は欧州ツアー臨時メンバー登録も済ませ「あとはやるだけ」 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

リーダーボード

Pos 選手名 Sco 1 L・ウーストハウゼン -11 2 C・モリカワ -9 3 J・スピース -8 4 D・フリッテリ -7 D・ジョンソン -7 S・シェフラー -7 7 D・V・トンダー -6 E・グリジョ -6 M・シエム -6 A・サリバン -6 順位の続きを見る

木下稜介が海外メジャー初挑戦で決勝ラウンドへ

木下稜介が海外メジャー初挑戦で決勝ラウンドへ(撮影:GettyImages)

全英オープン 2日目◇16日◇ロイヤル・セントジョージズGC(イングランド)◇7211ヤード・パー70>

はじめての海外メジャーは2日間を終えて9バーディ。初日の3ダブルボギーもありながら、トータル1オーバーでギリギリ予選通過を決めた木下稜介。16日に30歳の誕生日を迎えた記念すべき日は、記憶に残る日となった。

木下稜介のドライバースイングをコマ送りで

とはいえ、もちろんここで終わりではない。「ベストなプレーができればトップ10は目指したいと思っていました」と言うとおり、残り2日間はさらにバーディを重ねてリーダーボードを駆け上がるだけだ。

初日は連続ダブルボギーが先行し、「90を打つかもしれない」と思ったというが、そこから見事に立ち直った。2日目は出だしの1番でバーディを奪うと、その後は9番までパー。10番、11番で連続ボギーを叩いても、13番、14番で連続バーディ。終盤はしびれるようなパットを決め続け、最後も「緊張しました。手が震えました」という1メートルのパーパットを決めて、予選突破を果たした。

昨年1月の「SMBCシンガポールオープン」上位の成績により出場権をつかみながら、昨年7月の大会は中止。ところが、その中止が木下にはプラスに作用した。「去年出ていたら予選は通れていなかったと思う。今日も3オーバーまでいったけど、戻せる力がつきました」。今季国内ツアーで初優勝からの連勝を果たしたことによって、自信がみなぎり、ピンチを切り抜けチャンスを作る力が備わった。

関連記事