• HOME
  • 記事
  • ゴルフ
  • 東京五輪にも勢いを 畑岡奈紗が“好相性メジャー”で高らかに宣言「優勝を狙いたい」 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

東京五輪にも勢いを 畑岡奈紗が“好相性メジャー”で高らかに宣言「優勝を狙いたい」 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

畑岡奈紗が相性のよい大会で悲願のメジャー制覇を目指す(撮影:GettyImages)

KPMG全米女子プロゴルフ選手権 事前情報◇23日◇アトランタ・アスレチックC(米ジョージア州)◇6740ヤード・パー72>

全米女子オープン」で笹生優花とのプレーオフのすえ2位になった畑岡奈紗が、再びメジャー獲りを目指していく。開幕前日にはイン9ホールをプレーするなど最終調整。その後の会見で今の思いを語った。

松山英樹のコーチらが解説…畑岡奈紗が飛ばせる理由は?【スイング連続写真】

月曜日からコースを回り準備を進めてきた畑岡は、その印象について「距離が少し長く感じるところもあるけど、フェアウェイの芝や、ラフも思っていたほどは長くないし、自分向きのコース」とやりやすさを実感。「グリーンも今のところ硬くないので、15アンダーくらいを目標にやりたいなと思っています」と、優勝に向けた目標設定もした。

畑岡にとってメジャー制覇は悲願であり、達成しなければならないこと。それだけに3週前のできごとについては、「チャンスがあったけど、あと一歩届かなかったのはすごく悔しかった」と振り返る。2018年には、今大会でもユ・ソヨンパク・ソンヒョン(ともに韓国)とのプレーオフを戦い、惜しくも勝利することができなかった。毎年会場は違うが、昨年も3位という成績をおさめているだけに、「すごく相性のいい大会。次こそ自分でチャンスをつかめるようにしたい」と気分も高まる。

そんな畑岡にとって、10度目の出場で今年の「マスターズ」を制した松山英樹の姿から感じることは大きい。「マスターズは男子の選手からしたらより特別な大会。そこで松山さんが勝って、すごく勇気をもらった。私もメジャーで勝てるように頑張りたいという気持ちがより強くなりました」。次は自分が―。そんな思いで、コースに立つ。

関連記事