スペシャルコンテンツ Masaya Fantasista Vol.1「スポーツと音楽の幸せな関係」

2020年9月、東京スカイツリーのお膝元に、スポーツクライミングの“聖地”が誕生した。「THE STONE SESSION TOKYO」を全面的にプロデュースしたのがJazzySportだ。 スポーツと音楽の融合を掲げて活動してきたJazzySport主宰のMasaya Fantasista氏はなぜ、スポーツクライミングの世界にどっぷりとハマっていったのか。 「SmartSportsNews」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

スポーツと音楽には共通点がある

――Jazzy Sportが経営する盛岡のTHE STONE SESSION(以下、TSS)はレコードショップとボルダリングジムが併設された「音楽とスポーツ」という二つのカルチャーが共存する場所ですが、元々こういう形だったのですか? 最初はレコードショップだけでボルダリングは全く関係ありませんでした。ショップの10周年というタイミングで、ジムとショップが併設した今の形にリニューアルしました。でも本当のはじまりはレコードショップではなく、音楽プロダクションとしてスタートしてプロダクションの立ち上げ当初からmitsu the beatsのアルバムなどを制作していました。そこから盛岡にショップができて、次に渋谷店がオープンしました。そこから渋谷店が今の五本木に移転という流れになります。 ――レコードショップからボルダリングジム併設の店にリニューアルしようと思ったのはどんなきっかけだったのですか? 盛岡店はJazzy Sport立ち上げメンバーのCHOKUがずっと切り盛りしてきたショップです。それで東日本大震災があったときに色々と思うことがあって、一度店を閉めて盛岡を離れる時期がありました。その震災前に盛岡でCHOKUをボルダリングに誘ったら夫婦で一緒にハマってくれたんですよね。自分たちのジムを作りたいと漠然と思い始めたところで震災が起こりました。 ――震災直後、岩手は被害も大きかったですし色々と思うところがあったんでしょうね。 また盛岡に戻ってこれまでと同じようにレコードショップを経営するか考えたときに、彼らの中でなにか引っかかるところがあったんですよね。そのタイミングでちょうどジムをやるのに良い物件が見つかり、震災での心境の変化とボルダリングにハマっていたこと、いろいろなタイミングが重なってTSSにリニューアルという形になりました。 ――最初は音楽レーベルからのスタートということですけど、この「Jazzy Sport」というブランド名にはどんな思いが込められているのですか? ジャジーと聞くと皆さん普段耳にする音楽のジャズをイメージをすると思いますが、僕たちはその音楽性の部分以外でもジャズというものに魅せられていました。その自由さと即興芸術というところ。それはスポーツにも通じると感じていました。そのジャズとスポーツの共通点、繋がりに気がついたときに衝撃を受けたんですよね。まだ20代前半でした。そこでいろいろなことが自分の中で繋がりました。 ――いろいろなことが繋がったというのは? スポーツもルールのもとでフォーメーションやサインプレーなど様々なプレーがありますよね。実際の試合ではその瞬間、瞬間で状況は違うので、そこで個々がベストの判断をしないと成功しません。それはジャズの演奏も同じで、最低限のコードなどのルールがある中で、仲間を尊重して、かつ自分がベストなパフォーマンスをして噛み合うとレベルの高いプレーとか、レベルの高い音が生まれるわけですよね。僕は世の中もそうあるべきだと思っています。各自がそれぞれの個性に応じたベストなハッピーライフを送って、そのうえで他人といかに共鳴していくか。それでグルーヴしていくと全てが気持ちいいわけです。それが僕の好きな音楽とスポーツに込められたメッセージだったと、そう繋がったんですよね。僕はそれをより多くの人に共感してもらいたくて、そういう生き方をしていくというか、発信し続けていきたいと思っています。 ――二つの共通点から生き方のメッセージに繋がったわけですね。 名前の由来にはKEN SPORT(ケン・スポート)というDJの存在も潜在的に影響していたと思います。90年代にニューヨークでかっこいいミックステープをいくつも出していました。僕はもう彼のMIX TAPEの虜でした。当時はPOLO SPORTも流行していたので、彼はそこから付けたんだと思いますが(笑) 尊由来は他にもあります。そもそもSPORT(スポート)とはなんなのか。その意味を調べたら「見返りを求めず物事を追及する」という動詞的な意味が含まれていたんです。まさにその通りだなと思いました。 ――SPORTの言葉の意味に注目したことはなかったですね。 スポーティであることは別に速く走れということではないんです。例えばチームスポーツは勝利に向かってチームがベストなパフォーマンスになるように個がベストを尽くす。個人種目でも選手を支えるスタッフと共鳴しないと勝てません。そう考えると、より良い世の中を未来へバトンタッチするべきだというのは、世界のどんな人でも理解できると僕は信じていますので、みんながそれを地球というチームの目標として生きていけば、もう少し良い世の中になると思うし、世の中もその方向に動いていると感じているんです。そういう思いがJazzy Sportには込められています。

関連記事