最新のPFPが発表!衝撃TKOの井上尚弥は変わらず2位|ボクシング

アメリカのボクシング専門誌『ザ・リング』が、全階級のボクサーを格付けしたパウンド・フォー・パウンド(PFP)を20日(日本時間21日)に更新した。

WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥は2位のまま順位は変わらず。1位は4階級王者のサウル“カネロ”アルバレスがキープした。

井上は19日にWBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチでマイケル・ダスマリナスと対戦。ボディーで3度ダウンを奪うなど、3回2分45秒TKO勝ちと圧巻の勝利となったがPFPの順位は変わらなかった。

なお、PFPとは全17階級あるボクサーの実力を、体重差がなかったとして比較した最強選手をランキング化したもの。

■最新PFP

1位 サウル・アルバレス(メキシコ)
2位 井上尚弥(日本)
3位 テレンス・クロフォード(米国)
4位 オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)
5位 ジョシュ・テイラー(イギリス)
6位 エロール・スペンスJr.(アメリカ)
7位 テオフィモ・ロペス(アメリカ)
8位 ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)
9位 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)
10位 井岡一翔(日本)

6月22日のスポーツ

関連記事